ジェフログ

外資系IT企業→青年海外協力隊(ケニア)→国連インターン→イギリス大学院留学→コンサルファーム(現在)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

期末&年度末会議

今日は期末&年度末会議でした。
10時開始の予定でしたが、当然のように開始は11時半。

今回の主なトピックは講師のモチベーションについて。
学校が大学になることを気にし、講師のやる気がなくなっていたようです。
講師が授業に来ないこともしばしば。
それが影響して、進学のための試験でもカンニングが多かったとか。

結局、大学への移行の話は進まず、そのままの状況で運営は続くようです。
これからどうなるんだろう?

来期も引き続き頑張ります。
スポンサーサイト

| 活動(2011Term3) | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

学期末全校集会

今日は学期末全校集会でした。

学生のほとんどは寮で暮らしています。
各自のテストが終わるとすぐに帰郷してしまうので、全員が残っているテスト前に行います。
(全校集会後、すぐに帰ってる学生がいました。。。)

前回同様、お祈り⇒歌⇒先生の話の流れ。

今回の話題は「男性を女性寮に連れ込んでること」について。
「男子学生はもちろん、外部からの人を女性寮にいれてはいけません」
「君達は勉強しに来ているのです、結婚式を挙げに来てるのではありません」
などなど。

「年頃ですからね。」と言いたいですが、、、
ここは教師として「コラッ!!」と言う機会があれば言おうと思います。
(そもそも女性寮に行くことなんてない)

| 活動(2011Term3) | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

技術移転できた?

成績証明書印刷システムの技術移転がうまくいってちょっと嬉しいです。

Term2は全部担当したので大変でした。
・調査(よく分からないまま始めた)
・開発(使ったことのないMicrosoft Accessを使用)
・入力(1000人以上…)
・印刷(もちろん1000枚以上…)
・フォロー(スペルが違うと文句を言われる・・・)

Term3はちょっと改良して、入力と印刷を各学部にお願いしました。
実際に使ったのは2学部ですが、どうやらうまくいったようです。
今回はヘルプデスクの役割を担当しましたが、次のタームはそれもIT科の先生に引き継ぎます。

嬉しかった同僚のセリフが、
IT科「こういう作業は実際に作業しないと習得できないよね。」と共感してくれたことや、
別学部「前タームは一人でやってたの?大変だったね。」とか「おかげでタイピングが速くなった」
と言ってくれたこと。

| 活動(2011Term3) | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地元企業「Sony Sugar」訪問

地元企業「Sony Sugar」を訪問してきました。
名前から分かる通り砂糖会社で、国内でも2大砂糖会社のひとつです。
1970年台にインド人により操業が開始し、イギリス人経営に変わり、今はケニア人の会社です。

目的は工場見学と情報システム部の見学。
が、、、今日の工場は非稼働日でした。

【情報システム部見学】
情報システム部はインターンを含めて10名程度。
(インターンがうちの学校の生徒だったのでびっくり)
会計や給与システムの運用、サーバーの管理をしています。
きれいな部屋だし、クーラー完備のサーバー室もあるし、日本の会社のよう。

【ERPとAMS??】
驚いたのが、この2つのキーワードが出てきたこと。
・ERP:Enterprise Resource Planning
・AMS:Agricultural Management System(あのAMSではないです)
どうやらこれから導入を考えてるようです。
パッケージ選定段階にはいってるようで、有名どころのSAPやOracleも検討してるとのこと。
IT部長は、会社規模から考えるとOracleだろうと言ってました。

【つまり】
これを読んでいて「?」を浮かべてる人もいるでしょう。
とにかく、上記のシステムは日本で働いていたころの自分の専門です。

【今後の関わり方】
「たまに来てアドバイスをくれ」と言われました。
日本での経験とケニアで1年暮らした経験から正直言うと、
“あまり関わりたくない”と思ってしまいます。

日本でもあんなに大変なシステム導入プロジェクト。
ケニア人が実施するとなるとどうなってしまうんだろう?
想像するだけで、、、と言うか想像できない。

次回は工場の稼動日(月・水・金)に見学に行って、IT部の様子を見てこようと思います。

| 活動(2011Term3) | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

働きながら勉強するケニア人

同僚には働きながら大学等に通う人がたくさんいます。
同居人もそうだし、今日訪問した小学校の先生も同じでした。
仕事がない日やターム休みに通ってるようです。

「理由は?」と聞くと、「給料が上がるから」とほとんどの人が答えます。
Diploma⇒Degree⇒Master(※)と給料が大きく変わるみたい。
家族を養い子どもを大学に行かせるためには、高い教育を受け給料を上げる必要があるようです。

みんな忙しく通ってるので関心。
たまに本職の授業に来ないことがあるので困りますが…。


Diploma:専門学校
Degree:4年制大学
Master:大学院

---

最近はアボカドが旬のようで、家の前でいつも売ってます。
美味しいし、安いし(10円)、栄養いっぱいなのでつい買ってしまう。
送信者 20110218_MyHome


大きいでしょ?
はい、幻夜読んでます。

| 活動(2011Term3) | 23:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。