エチオピアの旅のお供

エチオピアの旅のお供に持ち歩いてました。

村上龍の好きなところは、人ではなく世界を書いているところかなと思います。
小説の主人公に引き込まれるのではなく、その世界に取り込まれる。

エチオピアという別世界を旅しながら「愛と幻想のファシズム」の世界に取り込まれ・・・。
ちょっと混乱しました。


愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)
(1990/08/03)
村上 龍

商品詳細を見る


愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)
(1990/08/03)
村上 龍

商品詳細を見る

Ethiopia ~Hyena man~

ハラール名物ハイエナマン。
名前がうさんくさいので、期待せずに行ったら面白かった。
あんなに近くでハイエナを見られるとは。

ハイエナマンは生肉を手や口で渡すパフォーマンスをしてました。
自分も手渡しに挑戦。
木の棒を使った口移しも、、、こわかった。




Ethiopia ~Traditional Dance~

旅行中にエチオピアダンスを2回も見に行ってしまいました。
面白かったので。
各地方の部族の格好をして、伝統楽器に合わせて踊るのですが、共通してることがひとつ。

とにかく肩を振る。

イメージしづらいですよね。
説明もしづらいです。

ダンスを見に来る人は観光客はもちろん、現地の若い人も多いです。
昔からの風習を伝え続けていて、伝統を大事にする国民性を感じる一方で、
失礼にあたるかもしれないけど、コミカルな動きなのでつい笑ってしまいます。

















Ethiopia ~Harar~

エチオピアの東部、ハラールに行ってきました。
歴史的城塞都市、つまり壁に囲まれていて、5(6?)の門からなっています。
ほとんどがムスリムなので、モスクがあり、他の都市と雰囲気が全く違います。

そんなハラールで、Newton等に写真を掲載している世界遺産写真家に会いました。
写真を何枚か見せてもらいましたが、同じものを撮ってるはずなのに全然違う!













プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター