派遣社員として働いてみた

国連広報センターのインターンを終え、派遣社員として働いていました。
約1ヵ月半働いてみての感想。

・仕事は多い
大手の派遣会社ホームページで仕事を探してました。
かなりの量で決め手に困りました。

・時給が高い
当初はもっと安いかと思ってました。
職種柄、「コンピュータ」と「英語」で検索したところ、やや高めの時給が多かったです。

・仕事が決まるのが早い
タイミングが良かったため、2~3日で決まりました。
派遣会社へ登録→派遣先での顔合わせ→決定。

・契約社員の立場
コンピュータ関連企業が顧客企業で実施しているプロジェクトへの参画でした。
立場による区別は特になく、仕事をする上では困ることはありませんでした。

・時給で働くこと
やることがなくても契約上会社に残る必要があります。
これをどう思うかは人それぞれだと思いますが。

・働くということ
大手外資系(海外では話題性の高い)企業でのプロジェクトでした。
働く上での価値観の置き場、について改めて考えさせられました。

4年目の春

オフィスの中をぎこちなく歩く新入社員を見るのも3度目になり、社会人3年目から何か節目を感じる4年目を迎えました。人生の大半を過ごす社会人の中で、この3年はいろいろな変化があったなと思います。せっかく振り返ったのでメモメモ。

○1年目
研修、研修の毎日の中、社会人として、IT屋さんとしての基礎力(机上の)が身に付いたかなと思います。早く仕事をしたいと思うこともありましたが、研修の内容は今になって役に立ってるなと思うこともあり、これからもいろんな場面で効いてくるのではないかと期待してます。

○2年目
さっそく厳しい環境に入ったわけですが、正直分からないことが多すぎでした。でもそこは分からないなんて言えるわけがありません。お客さんを不安にさせてはいけないので、まずは安心してもらえるような行動をとって、後から必死で調べたり先輩に聞いたり。人との接し方とITの応用力を一気に吸収した1年だった気がします。

○3年目
応用力と勘が働くようになり、ある程度の範囲の責任を与えられましたが、まだ新人(?)のように振舞える微妙な感覚の1年でした。

○これから
次のステップを踏み出します。漠然と「これ」をしようという構成はできていて、夏に向けて具体的に動くつもりです。もちろん会社のためでもあるし、自分自身の良さを出せて楽しめるんじゃないかなと。

興味のあることと仕事

仕事柄いろいろな業界のお客さんと話をすることがあります。
ただ、その業界のことを知らないと苦しい思いをすることがあるのです。

○製薬会社  ⇒ 薬のポスターがいっぱいあったけどよくわからない
○通信会社  ⇒ 最新技術はよくわからない
○時計会社  ⇒ 5年ぐらい同じ安物腕時計使ってる
○食料品会社 ⇒ 幼児向け用品なので、今は縁がない
○ゲーム会社 ⇒ 持ってない
○農産物業界 ⇒ これから

きっとこれらの業界に属している人は、興味があってのことなんだなと思います。
(話をふると熱心に話してくれます。)

では自分が働いている業界はと言うと。。。
こうやっていろんな人と出会える業界なので、人に興味がある者としては少し魅力的です。
逆に長期プロジェクトにアサインされてしまうとキツイです。

もうすぐ2年

帰宅途中にふと思ったのですが、社会人歴も丸2年。
24ヶ月勤めてるわけですが、そろそろ外勤の方が長くなってきたかなと。

初台2ヶ月+外部研修1ヶ月+汐留9ヶ月 = 12ヶ月

あとは日を重ねるごとに外勤が長くなっていくわけですね。
すでにお客さんの会社では頼り頼られの関係になり、自社が逆にかしこまってしまいます。

知らない場所・人に会うのは好きなので、仕事内容はどうあれ刺激的な毎日です。

Live at the House of TribesLive at the House of Tribes
(2005/08/30)
Wynton Marsalis

商品詳細を見る

仕事について

ワーカホリックではありません。


つい先日、友人に「あんたって仕事人間だよね。」って言われました。
自信を持って言えます。

「違います。」

別に嫌いなわけじゃなく、仕事をすること自体は楽しいです。
ただ、最近の作業量はかなり多い…。

そんな毎日を送りながら、ふと思うのが「ワークライフバランス」。
仕事ととプライベートのバランスですね。
仕事が趣味ならそれはベストですが、そういうわけにはいきません。

本読みたいし、
音楽聞きたいし、
勉強したいし、
楽器弾きたいし、
何か作りたいし、

そういう欲が溜まりつつ、仕事に時間を取られるとバランスが崩れているような気がします。
ただし、これは愚痴とかではありません。

自分の力が無いのかもしれないし、
時間の使い方が下手なのかもしれないし、
仕事の優先順位付けができてないのかもしれない。

まとまりのない文章ですが、結局は気持ちの持ちようかなと。

仕事を楽しみ、
時間の使い方を工夫して、
趣味の時間を充実させ、
バランスを保つ。

1日は24時間、無駄の無い時間の使い方を習得できれば結果良しです。

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
<仕事>
2018- 国連事務局(JPO)
国連事務局のOffice of Information and Communication Technology(OICT)に勤務しています。
2014- コンサルファーム
2013- イギリス大学院留学
2013- 国連インターン
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2006- IT企業

<趣味>
・ブラジル音楽
・整理整頓

カテゴリー

検索フォーム

カウンター

Instagram