ケニアの教会

日曜日ということで教会に行ってきました。2箇所覗いたのですが、1つ目はとにかく踊ってました。ステージで女性4名と男性2名が歌いなが踊り、それに合わせて全員が踊ってました、ちょっと圧倒され写真も撮れず出ていきました。

2つ目はイメージ通りの教会。大きかったのでかなりの人数がいます。ゴスペルと説教があり、独特な雰囲気にのまれてました。


KESTES

協力隊が運営するKESTES(※)というグループに入りました。Jicaとは関係なく、協力隊だけで資金調達・運営し、あらゆる理由で学校に進学・進級できない学生を奨学金というかたちで支援しています。

ちなみにケニアの教育制度は8-4-4です。Primary school-Secondary school-University。Primaryは私立を除いて授業料が無料で、Secondaryから有償になります。

先輩隊員からケニアの教育事情についていろいろ聞きました。自分自身も学校勤務なので、まずは状況を見てきたいと思います。

※ Kenya student's education scholarship

現地訓練前半終了

あ、マラリア予防薬の悪夢は見ませんでした。ただ夢はよく見ます。空気が薄く眠りが浅いからだそうですが、どうなんでしょう?

やっと現地訓練(スワヒリ語)の前半が終わりました。買い物や外食では普通に使ってます。が!返事は英語で返ってきます。やっぱりまだ流暢じゃないんでしょう。ちゃんと喋れるようになりたい。

ビール瓶のフタたち。

偶然

ケニアに来る前に、ケニアで活躍している日本人アニャンゴさんの本を読んできました。「夢をつかむ法則」と言う本で、女性は弾いてはいけないと言われていたケニアの民族楽器Nyatitiを、民族の長に頼み込んで弟子入りし、ケニアで大ブレーク(?)した話です。

たまたまスワヒリ語の先生と民族楽器の話をしていたら、アニャンゴは昔教え子だったそうです!すごい偶然!早速HPからメールしてみました。ケニアでライブしてくれないかな?

これはこれから使う銀行(CBA)です。綺麗な内装だった。

戦いの準備

戦いの準備は整いました。マラリア予防薬、ベープマット、蚊取り線香、虫除け。2月16日の赴任に備え、マラリア対策オリエンテーションがありました。

マラリア予防薬は週に1回服用するのですが、人によって副作用がすごいようです。面白い副作用が悪夢。今日の夜はうなされます。。。

ここには写ってないけど、マラリア検査キットもあります。指先にプチっと針を刺して、検査キットに血液と検査液を待って15分。陽性か陰性か分かります。ただ、この「プチっ」がこわいんです!普通の針で自分で刺すので痛い。もうやりたくない。。。

寒い!

昨日は寒かった!ケニアに来て初雨で、信じられないかもしれませんが、フリースを着て寝ました。それでも寒い。

これはケニアの新聞。40ksh(40円)です。道端で信号待ちの車に売ったり、スーパーで売ってます。よく印刷がずれてたり、インクがにじんでたりします。日本紙との違いは、かなりインターナショナルなところでしょうか。スーダン国民投票の記事はほぼ毎日載ってます。

スラムへ

スタディツアーでナイロビ市内のスラムに行ってきました。午前中はツアーを行っている方にお話を聞き、昼食を食べ(なんと30ksh!30円)、スラムに住むご家庭でお話をしてきました。

家はものすごく質素で、かなり不衛生な環境です。そんな中、みんなは元気に暮らしてます。特に子どもたちは大騒ぎ。

自分の活動は直接的に貢献しないけど、活動によって、一部の人だけでも生活水準の向上に役立てればなと思います。






無ければ諦める

首都ナイロビですら停電はあります。この前は夜だったので、懐中電灯を照らしてトランプをしてました。

インターネット環境もかなり悪いので、このブログを書くことと、週に何度かのメールしかしてません。(返信遅くてごめんなさい。)その分勉強してます。

無ければ無いで諦めてます。配属先に行ったら、もっとナイナイなんだろうな。

これは最近飲んでる紅茶。スワヒリ語の先生が言ってました。「コーヒーは外国に売る。ケニア人は紅茶を飲む。」

karibu party

新隊員のためにKaribu party( welcome party )を開いていただきました。注目されて恥ずかしかったけど、明るい先輩隊員、Jica職員、美味しい手作り料理に囲まれ楽しい時間を過ごしました。ごきげんよう風のサイコロトークはきつかった。。。

Karibu partyは基本的にひとつ前隊次が仕切ります。今回は22年度3次隊なので、22年度2次隊の方が担当しました。次は我々の番です。22年度4次隊ケニア派遣は0名らしいので、半年後の23年度1次隊で担当します。盛大にKaribuしたいと思います。

TUSKER


ナイロビでメジャーなビール「TUSKER」です。1本90Ksh(90円ぐらい)。薄い気がしますが、美味しいです。瓶は使いまわしなので、外側はちょっときたなめ。左はよく買うミネラルウォーターです。40kshぐらい。

居住者に

今日もアウトドアレッスンに行ってきました。前回と同じ青空マーケットで店員さんとお話です。前よりはスムーズに話せたかな。

写真はIDです。旅行者ではなく、居住者であることの証明になります。分かりやすいメリットは、観光地に旅行者料金ではなく、居住者料金で入れること。

ナイロビの気候

今日のスワヒリ語の授業も、かなりの量の単語が出てきました。復習追いつくだろうか。。。その後はおなじみ予防接種。今回は「腸チフス」です。

今日から、出国前と出国後のケニアのギャップについて、少しづつ書いてみます。まずは「ナイロビの気候」について。

12,1月が一番暑いようです。ただ、信じられないかもしれませんが、長袖シャツ着てます。驚きですよね。朝夜はちょっとひんやりするし、昼もカラッとしてるので汗が出ません。25度ぐらい。今が一番過ごしやすい季節だそうです。本当に過ごしやすいです。2月から雨季になり、市内は大変なことになるみたい。

これは噂に聞いてたノンアルコールギネス。まだ飲んでません。

ウガリ

授業開始から2日目にしてアウトドアレッスンに行ってきました。青空マーケットで知らない人に話しかけ、いきなり自己紹介をすると言う、日本では考えられない状況です。でも面白かった。みんなフレンドリーで「おれが教えてやる!」という人ばかりでした。少しでも通じることが分かるとモチベーションアップにつながります。

写真はウガリ。とうもろこしの粉とお湯をこねたケニアの主食です。味はないけど、おかずと一緒に食べるとモチモチしておいしい。

Swahili語訓練の始まり


スワヒリ語訓練が始まりました。1日5時間半。新しいことだらけで疲れました。。。約3週間なので、これからもどんどん詰め込まれます。やっと活動が始まったという感じです。

朝食を食べてたら、猿が出てきました。かわいいけど、狂犬病持ちだったらかなり危険。



警備員と番犬

寮は警備員(スワヒリ語でアスカリ)と番犬に守られてます。上の写真が警備員の待機場所で、下の写真が番犬チビ。





ナイロビ市内のホテルやある程度裕福な家庭には必ずガードマンがいます。やっぱり治安が悪いんだなと感じてしまいます。

ナイロビ市内散策

今日は市内に出てきました。当前ですが黒人だらけです。旅行者を見かける事はほとんどなく、街を歩くだけで相当目立ちます。繰り返します。相当目立ちます。治安がすごく悪いと聞いていたので、街中の写真はとってません。。。


ナイロビ大学におじゃまし、キャンパスをぶらついて、学食を食べてきました。ナイロビでの食事はだいたいこんな感じです。伝統食のウガリが多いと思いきや、ほとんどライスです。正直おいしいです。


これは高級住宅街ウェストランドにあるサリットセンターというショッピングモール。ここには白人もアジア人もたくさんいました。映画館もあり400kshぐらいです。


こちらは市民の移動手段のバスとマタツ。バスは日本と同じくバス停がありますが、どこでも乗れるし、どこでも降りられます。だいたい50ksh。


これはマタツと言い、ハイエースを改造した、一番普及している移動手段です。全部で5列で16人乗ります。運転手、助手席2人、2列目3人、3列目2人とコンダクター、4列目3人、5列目4人。そうです、すごく狭いです。ただ20~30kshと安く市民の足です。


先週までのオリエンテーションでナイロビはすごく危険とさんざん聞かされてきました。今日街を歩いてみると、マタツ乗り場まで案内してくれる人や、行き先でもないのに案内してくれる親切な人にたくさん会いました。犯罪は多いので気は抜けませんが、気を張りすぎてそういった機会を見失わないようにしようと思います。

※ケニアについて質問があったらコメント下さい。答えられるよう頑張ります。

関係省庁への挨拶

今日は関係省庁にご挨拶をしてきました。日本のODAとのパイプ役のMinistry of finance(財務省)と、配属先のトップ機関のMinistry of higher education, science and technology(高等教育科学技術省)。ボランティアへの期待を感じ、頑張ろうという気にさせてくれました。

ケニア人との出会いは必ず握手から始まります。そして常に明るく歓迎ムードです。話す事が好きなようで、うまく会話に入れませんでした。。。今日でやっとオリエンテーションと公式行事が終わりちょっと楽になりました。来週から現地語訓練です。

写真はマタツ車内の光景です。これで中心街に出てきました。明日も行くので、ナイロビの交通手段と市内についてはまたレポートします。

銀行の開設

今日は銀行開設についての説明がありました。ケニアにも日本と同じように銀行がいくつかあり、そのなかのCBA( Commercial Bank of Africa )を使います。ドルとケニアシリングの口座を使い分け、日本と同じようにATMで引き出します。通帳はありませんが、デビットカードの機能もあり、買い物で使えるそうです。

ちなみに日本円とケニアシリング(Ksh)のレートはほぼ一緒。1円が1ksh。瓶のコーラがレストランで30ksh。バスが20~30ksh。ランチで外食すると160~200kshぐらいです。

写真はJicaオフィスから見たナイロビ中心街。手前の公園は危なすぎて絶対入ってはいけないウフルパーク。中心街にもまだ行ってません。


こっちは反対側。ビジネス街です。手前が日本大使館。ずっと向こうがナイロビ国立公園。

また注射

ケニアに来てもまた注射です。10月から何本打っただろう?今回は髄膜炎でした。

ケニアは健康保険がないので全て実費です。日本より高いことも多いようです。国立病院は国が一部負担してますが、安い分かなり混むみたい。私立の方が信頼があるということで、いくつか病院を勧められました。今日行ったナイロビ病院はキレイでした。でも病気にはなりたくないな。

今日の写真は宿から近いスーパー「UCHUMI」。日本と変わらぬ品揃えです。

日本大使館へ

ケニアの日本大使館で大使にご挨拶してきました。すごく立派な建物。金属探知機で検査されるぐらい厳重体制です。※写真はNG

もちろん職員のほとんどは日本人で、日本人が働いている姿を見るとなぜか安心します。大使はやわらかい印象の方でした。おいしい日本茶までいただいてありがたい。

これは貸与された携帯です。日本の高機能携帯と違ってシンプルで好きです。この前家族に電話をしたら30秒15円ぐらいでした。まぁまぁ安いですね。

まだ観光客

早く観光客から現地人になりたい。

マタツ(ローカルバス)で移動して、
ローカルフード食べて、
スワヒリ語話したい。

今日はデパートに行ってきました。
先進国となんら変わりない品揃え。
スタバみたいなとこで飲んだカフェラテは約170円でした。
写真はデパートまでの道のり。
すごい砂埃です。。。

明日からオリエンテーションで、
来週から現地語訓練です。

4人部屋公開

こんな部屋に住んでます。
密着生活でしょ?
スペースに不公平感があるので、近々改善予定。

日本人とケニア人とオランダ人とサッカーをしてきました。
ナイロビは標高1700mだから肺にくるんです。
確かに前半は肺が苦しかった。
常に高地トレーニング状態。

ちなみにケニアは日本時間-6時間です。

住処の外観

こんなとこに住んでます。
1階はベッドルームとバスルーム。
2階は食事をする場所とスタッフルーム。

24時間体制でガードマンと番犬が守ってくれています。

ケニアに着きました

1月6日の15時頃ケニアに到着しました。

5日の23時頃に関空を発って約11時間、ドバイに到着。
ドバイで5時間待機し、約6時間のフライトでナイロビに到着。

ナイロビに着いた瞬間は沖縄を思わせるような天候と爽やかさ。
そんなに暑くなく、すごく乾燥してます。
朝夜は長袖がないと、少し寒いなと思ってしまいます。

これからしばらくはスワヒリ語学校の寮で暮らします。
経営者が日本人なので、食事も美味しい。
約1週間はオリエンテーションで、その後は現地語訓練。
男4人が一部屋に生活する、共同と言うより密着生活のはじまりです。

今日(7日)は安全関係のオリエンテーションと市内案内でした。
安全関係の内容は一言で表すと「ナイロビは危ない」。
実際の事例も聞き、危機管理の意識が高まりました。
市内はまさに映画に出てくる黒人社会です。
日本人が歩いたら本当に目立つ。

ちょっとネット環境が悪いので、写真は後でアップします。

取り合えず元気に生活してます。

出発前夜

今の心境は?
と言われると「がんばろう!」って気分です。

要請内容はもちろんのこと、
現地の人と触れ合う機会をたくさん作りたいし、
英語とスワヒリ語は頑張りたいし、
音楽も楽しみたいし、
パソコンを教えることで技術も身に付けたいし、
将来のこともしっかり考えたい。

もちろん全ては無理だろうけど、できる限り頑張ります。
このやる気はやっぱり「期間限定(2年間)」からくるんでしょうね。
何をするにも期間を設けるのは、モチベーションアップにつながります。

では、また明日関空からブログ書きます。
moblog_b6d25601.jpg

荷作り終了

ようやく荷作りを終えました。
スーツケースとボストンバッグ。
業者が集荷に来て、一足先に関空に向かってます。

30kgに減らすのは苦労しました。
と言うか無理でした。
なので、2kg×2個を航空便で送ります。
(4kg×1個よりお得なんです)

そのぐらいの重さ大丈夫だよ、と言えそうですが、
エミレーツ航空は厳しいらしく、1kg超過で5500円です。
余計な出費をしたくないので念のため。

出国2日前です。
実感ありません。

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター