ケニアの教会

日曜日ということで教会に行ってきました。2箇所覗いたのですが、1つ目はとにかく踊ってました。ステージで女性4名と男性2名が歌いなが踊り、それに合わせて全員が踊ってました、ちょっと圧倒され写真も撮れず出ていきました。

2つ目はイメージ通りの教会。大きかったのでかなりの人数がいます。ゴスペルと説教があり、独特な雰囲気にのまれてました。


KESTES

協力隊が運営するKESTES(※)というグループに入りました。Jicaとは関係なく、協力隊だけで資金調達・運営し、あらゆる理由で学校に進学・進級できない学生を奨学金というかたちで支援しています。

ちなみにケニアの教育制度は8-4-4です。Primary school-Secondary school-University。Primaryは私立を除いて授業料が無料で、Secondaryから有償になります。

先輩隊員からケニアの教育事情についていろいろ聞きました。自分自身も学校勤務なので、まずは状況を見てきたいと思います。

※ Kenya student's education scholarship

現地訓練前半終了

あ、マラリア予防薬の悪夢は見ませんでした。ただ夢はよく見ます。空気が薄く眠りが浅いからだそうですが、どうなんでしょう?

やっと現地訓練(スワヒリ語)の前半が終わりました。買い物や外食では普通に使ってます。が!返事は英語で返ってきます。やっぱりまだ流暢じゃないんでしょう。ちゃんと喋れるようになりたい。

ビール瓶のフタたち。

偶然

ケニアに来る前に、ケニアで活躍している日本人アニャンゴさんの本を読んできました。「夢をつかむ法則」と言う本で、女性は弾いてはいけないと言われていたケニアの民族楽器Nyatitiを、民族の長に頼み込んで弟子入りし、ケニアで大ブレーク(?)した話です。

たまたまスワヒリ語の先生と民族楽器の話をしていたら、アニャンゴは昔教え子だったそうです!すごい偶然!早速HPからメールしてみました。ケニアでライブしてくれないかな?

これはこれから使う銀行(CBA)です。綺麗な内装だった。

戦いの準備

戦いの準備は整いました。マラリア予防薬、ベープマット、蚊取り線香、虫除け。2月16日の赴任に備え、マラリア対策オリエンテーションがありました。

マラリア予防薬は週に1回服用するのですが、人によって副作用がすごいようです。面白い副作用が悪夢。今日の夜はうなされます。。。

ここには写ってないけど、マラリア検査キットもあります。指先にプチっと針を刺して、検査キットに血液と検査液を待って15分。陽性か陰性か分かります。ただ、この「プチっ」がこわいんです!普通の針で自分で刺すので痛い。もうやりたくない。。。