ジェフログ

外資系IT企業→青年海外協力隊(ケニア)→国連インターン→イギリス大学院留学→コンサルファーム(現在)

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1ヵ月半の成果

学生たちが身支度を終え、次々と自宅へ帰っていきました。

配属から1ヵ月半、目に見える成果と言えばコレ!
送信者 20110226_MIT


パソコンにカバーがかかってます。今まではそのままの状態で管理していて、先生達は平気で窓を開けるので(もちろん暑いのもあり)埃がすごかったです。大量にパソコンカバーは買ったみたいなんだけど、面倒だったようで放置されてました。取り合えず全部にカバーをかけて先生達に「埃はパソコンに悪いよね」とチクチク言っていたら、先生達からも生徒に注意してくれるようになりました。

小さなことだけど少しずつ。。。
スポンサーサイト

| 活動(2011Term1) | 02:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Accessでデータベース(2)

先日の記事についてコメントありがとうございます。
双方向コミュニケーションブログみたいで楽しいです。
学生DBについてちょっと現状を整理して、今後の構想を考えてみると、

【現状】
・全て紙管理
・学生課の処理は手書きなので、たまに長蛇の列
・スペックの良いパソコンはある(ネットワークなし)
・パソコンは学生課、秘書、各学部長、図書館、PCルームなどに設置
・パソコンは使ってない(と思う)
・停電あり(不定期、10分~数時間)
・DeputyはDBをどうしても作りたい
・他の先生に問題意識はない(進める上で一番の問題)

【構想】
・問題意識をもってもらう
・いくつかの案を出してみる(IT化だけじゃなく)
・便利さを伝える
・デメリットも伝える
・IT化で合意したら、どんな事務処理があるのか調査
・構築(ちなみにAccessを使うかは未定)
・ワークショップ(ユーザ向けと管理者向け)
・運用開始
・ネットワーク化はオプション(これとは別に話を進める予定)

考えるだけでゾッとします。日本流が通じないので。。。
ひとつ決まるのにすごく時間がかかるし、明日にしようと言って忘れられる。
うまくいくだろうか。。。


以下は、上記とは全く関係ありません。
今日本にいたら考えてることのつぶやきです。

・ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン行きたいな。
http://www.lfj.jp/lfj_2011/
・SummerSonic2011、Strokes出るじゃん!
http://www.summersonic.com/2011/
・ロコモコサンセット延期か。。。
http://www.locomocosunset.com/

| 活動(2011Term1) | 00:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Accessでデータベース

急にムラティ(同居人)から、パソコンで成績証明書をプリントしたいと言われました。学生が数百人もいるのに、今まではどうしていたの?と聞くと、タイプライターで打っていたそうです。たしかにタイプライターの部屋があって、よくカタカタ音が聞こえます。ムラティの転勤前の学校では学生データベースがあったようで、いろいろな事務処理をパソコンを使って行っていたそうです。

コンピュータ技術者として派遣された以上、何か策を考えなければいけません。とは言え、すぐに成績証明書を出力したいと言うことだったので、使ったことがないMicrosoft Accessを使って、簡単なデータベースと帳票を作成しました。ちょっと仕事っぽかった。明日からデータの打ち込みです。

データベース化にあたり迷ってることがあります。学生課も大量の紙で学生を管理しているので、ここはデータベースを構築してペーパーレスだ!と言いたいところですが、ひとつ懸念点が。停電です。停電になったら事務処理は全てストップしてしまう。UPSもありますが、1時間ほどしかバッテリーが持続しません。無理にIT化をして、パソコンが苦手な担当者(年配です)に複雑な操作を教えて混乱させて、停電になったら仕事ができなくなる。。。

ケニア人はコンピュータに過剰な期待をしてるけど、IT化はいいことだけじゃない。

どう思います?IT業界のみなさん?

| 活動(2011Term1) | 00:44 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トム・ムラティ

今日は同居人のトム・ムラティ(Tom Mulati)さんを紹介します。
(個人情報?まぁ、いいか)

彼は副校長(Deputy)で、自分の配属の1週間前に別の学校から転勤してきたそうです。
一軒家を共有していて、隣の部屋に住んでます。

【民族】
ルヤ族です。ここに住んでいる大多数のルオ族とは違います。そのため母族語が異なり、先生や生徒とのコミュニケーションは英語とスワヒリ語を使っています。ある意味では自分と同じ状況なのかなぁと思ってます。言葉も違うし、民族のレベルだけど文化も違う。割と仲良いです。

【家族構成】
奥さんとお子さんが2人います。実家はエルドレッドと呼ばれるケニア北西部にあり、2週間に一度5~6時間かけて帰っています。たまに寂しそうな顔をしているので、家族に会いたいのかなと思うことがあります。

【仕事】
仕事熱心です。詳しいことは分からないけど、学校は問題が多いみたいで、毎日8:00~17:00(遅いときは19:00)まで働いてます。(他の先生は授業がないと学校に来ません。)ただ、実家に帰らない休日はヒマそうです。いつも、ここにはエンターテイメントが無いとつぶやいて、休日出勤したり、寝てたりします。

【料理】
大変、大変ありがたいことに作ってくれます。おかげでケニアの家庭料理(ウガリ&スクマ)を覚えました。この前帰りが遅かったのでウガリを作ったら、ちょっと残してました。。。満腹だったのかな、、、もうちょっと修行しないと。

【性格】
穏やかです。転勤前の学校にも協力隊がいたので、ボランティアのことも理解してくれています。たまに謎の発言をします。「クミテ!」「クンフー(カンフー)」「ヒロシマ」「ナガサキ」「アキコ」。しかも急に。どこかで覚えた日本語を口に出してみたくなるようです。


彼の写真載せようとしたけどなかったから、雨の日の窓。
送信者 20110218_MyHome

| 日常 | 00:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨と停電の関係

同僚の家に行ってきました。日本に興味をすごく持ってくれているので、お互いの国の話になると盛り上がります。ただ、ケニアの話はほぼ必ず「コラプション」で締めくくられます。。。テレビを見ながらケニア、日本のことをどう思ってるかいろいろ話せて楽しかった。ケニアの家庭料理「ウガリ&スクマウィキ」を作ってくれたのですが、やっぱり家庭によって味が違うんだなと思いました。同居人が作ってくれるものとは違い、ウガリはちょっと硬めで、スクマウィキはバター風味の味になっていました。いつか自分のお気に入りの味を作れるようになれるといいんだけど。

面白かったはなしが電力会社と通信会社の話。電力会社はケニアにひとつしかありません。国営なのか、民間なのか人によって言うことが違うのですが、取り合えず独占企業で政府によってコントロールされているようです。独占企業ということは競争が起きず、サービスの向上が起きない。そう、停電が多いです。
通信会社も以前はこんな状態だったそうです。電話が不安定。しかし約10年前に複数者の通信会社が設立され状況は変わりました。様々な商品が開発され、電波状況は良くなり、料金はどんどん下がっていったそうです。まわりを見ても携帯電話を持っていない人はほとんどいません。
「競争」はある意味では大事なんだなと思いました。もちろん悪い点もあっただろうけど、確実に携帯電話によって市民の生活が変わったわけです。「競争」がケニアの発展のキーワードになるのかな。

ところで、雨と停電の因果関係ってあるのでしょうか?
雨が降ると停電になることが多いです。
誰か教えて。

| 日常 | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全校集会

送信者 20110226_MIT


今日はテスト最終日であり、同時にターム1の最終日でした。
朝の全校集会があり、写真のようなかたちで玄関前集まります。
流れはこんな感じです。
・国旗掲揚
・国歌斉唱
・有志による合唱(ゴスペル?)
・校長先生をはじめとした、4人の先生からのお話

後から校長先生に「Oumaの紹介するの忘れたー」と言われました。事前に何も考えていなかったので忘れてくれてよかった。。。ターム2の最初の全校集会で紹介していただけるそうです。

「椅子」の話が多かったように思います。学校は椅子が不足していて、教室に椅子があるのではなく、1人に対して1つの椅子が貸与されます。なので、教室が変わるときはそれを持って移動しています。ターム休みには家に持ち帰ってしまう人とか、どこかに放置する人がいて問題になっているようです。

学生のほとんどがボーディングと言い、学校の寮に暮らしているため、ターム休みは実家に帰ります。先生も教員住宅にターム期間中だけ住んでいる人は地元に帰るそうです。そう、孤独になります。さで、どうしよう。良いアイディアありますか?ちなみに配属後3ヶ月間は旅行ができません。

| 活動(2011Term1) | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンニング

試験期間に入り、試験監督してます。(一部)カンニングしてますねー。それが分かりやすくて、こっちをチラッと見てから、隣の人の回答をチラッと見る。ひどい学生は、となりの人の答案をずっと見ながら書いてました。途中、相談しながら回答を埋めている人もいました。もちろん、真面目にテストを受けている人もいますよ。カンニングをすることはあっても、その行為を外から見るのは初めてだったので新鮮でした。

隣の家の子ども。最初は自分のことをおそるおそる見てましたが、最近ニコッと微笑んでくれるようになりました!ちょっと嬉しい。なんか、距離が近づいてる気がします。今度一緒に遊んでみよ。
送信者 20110218_MyHome

| 活動(2011Term1) | 00:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミワ(サトウキビ)

送信者 20110218_MyHome


ケニアのおやつの定番、ミワ(サトウキビ)です。1メートル10Kshぐらいで売ってます。どうやって食べるかと言うと、まず歯で皮を剥ぎます。その後に中身をガムのようにかんで、ポイッと捨てます。沖縄とかでも食べますよね。ただ、沖縄ではもうちょっと親切に皮を剥いであったような。。。

とにかく硬いんです。普通の竹なので。だからケニア人の歯は丈夫なのかなとか、だから前歯が欠けてる人がいるのかなとか思ってます。歯が欠けるのは本当に嫌なので、あまり食べないと思います。ナイロビでは親切に食べやすい状態になったものが売ってるので、食べたくなったらそこで買います。

話が変わりますが、外務省でボランティア事業について意見を募集してます。
外務省、ODAページ
「我が国ボランティア事業のあり方(案)」についてのご意見募集
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/annai/volunteer_ikenboshu.html
(締め切り:2011年4月30日)

| 日常 | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルオ語

以前も書きましたが、配属先の学校の先生と生徒は3つの言葉を話します。
1.国語のスワヒリ語
2.公用語の英語
3.民族語のルオ語

授業は基本的に英語です。日常会話はルオ語です。違う民族の人がたまにいるので、そのときはスワヒリ語を話してます。そう、一生懸命勉強したスワヒリ語の出番がとても少ないのです。。。ルオ語を使ったときのウケがとてもいいのと、これから2年間ルオ族の人と暮らすことを考えると、ルオ語を勉強したほうがいいのかなと思ってきてます。仲良くなれるし、使う機会も多いから吸収も速い。

と言うわけで、同僚にルオ語を少しずつ教えてもらってます。ルオ名ももらいました。⇒Ouma(オウマ)。ルオ族の男性は名前の頭にOが付きます。女性はA。ちなみにオバマ大統領の父親はケニアのルオ出身です。(たぶん)だからオバマなんだと思います。

イチオナーデ(おはよう)
アモーシ!(元気?)
ベラヒニャ(元気だよ)
アデニョ(お腹すいた)

| 日常 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨季のはじまり

雨季が始まったようです。寒いです。。。どのくらい寒いかというと、1月に日本を出るときに着ていたジャケットをそのまま着てるぐらいです。太陽が出ると暖かいのですが、雨が降り始めると長袖ワイシャツの上に、もう一枚必要になります。夜はユニクロフリースを着て寝てます。

雨の降り方は日本と違い、10分とか1時間とか数時間の豪雨が降り、パッと止みます。ちょっと遅めの雨季のようで、同僚は大地が干上がらないか心配していました。やはり「水」は雨季に依存していて、乾季が続くと断水や食料が取れなくなるようです。

日本の冬の寒さに慣れているので凍えるほどではないですが、ケニア人には厳しいようでかなり厚着です。日本はもっと寒いよと言ったらケニア人は「たぶん凍え死ぬ」と言っていました。

| 日常 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

募金

東北地方太平洋沖地震の復興活動をしている団体に募金をしました。数ある団体の中から悩んだ結果、いろいろな情報を元に、必要とされている活動を積極的に行っているであろう団体に直接募金しました。本当に数多くの団体と数多くの手段があり、ひとつひとつ見ていたらいつになっても募金ができないだろうと思うぐらいです。手段についてはなるべく全額がその団体に届くよう「直接」にこだわり、日本の口座からダイレクトに送金してみました。次第に被災者のニーズは変わってくると思うので、状況を見てまた何か助けになればと思ってます。

土曜のランチ。ウガリとラム&野菜です。
ラムはちょっとくさみがありましたが、濃い味がウガリとぴったりでした。
送信者 20110226_MIT


食後のチャパティとマンダジ(揚げパン)とチャイ。
送信者 20110226_MIT


そう、よく食べてます。
最近食が楽しみになったのと、食べれるときに食べるという気持ちになったからだと思います。
魚を食べたいです。

| 日常 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロボットコンテスト(本番)

学校のポロシャツを着てロボコンに行ってきました。
送信者 20110317_RobotContest


ルールはこんな感じでした。
・黒字の床に白いラインがあり、その上をロボットが走る
・3箇所に小さな箱があり、それらを順番にとり、指定の場所に積み上げる

結果。
まず、上記要件を満たした学校はありませんでした。7~8割のロボットがひとつ目の小さな箱を取ることができず、白いラインの上を少しの距離でも走れば歓声が上がるようなレベルです。日本のNHKで放送しているロボコンを想像していたのでちょっと驚きでした。

うちの学校は小さな箱をひとつも取れず、白いラインの上を数メートルまっすぐ走っただけ。それでも、先生や生徒は満足げで、学びはあったから次に活かそうと前向きでした。15校中、総合7位です。

日本の大学とコラボレーションしようと思ってたけど迷ってます。ケニアの学生はそこから学べるのだろうか?自分自身ロボットに詳しいわけではないので、まずは日本とケニアの中間に立って様子を見てみようと思ってます。学生は日本に手伝ってもらえれば、空飛ぶロボットが完成すると思ってます。。。

大会中は収拾がつかないほど盛り上がってました。
ほとんど見てません。。。
送信者 20110317_RobotContest

| 活動(2011Term1) | 02:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

後輩たちはケニアに来るのか

青年海外協力隊の23年度春募集が延期になったそうです。
また、23年度1次隊の訓練所も二本松から大阪になったそうです。
二本松訓練所は約450人の避難者を受け入れてると書いてあります。
http://www.jica.go.jp/volunteer/
もし自分がこの状況だったら申し込むだろうか。

今、すごく悩んでる、、、と言うか、頭の中が不安定です。
何をしてても日本のことが気になるし、ケニア人に対して明るく接することができない。
ケニア人にとっては日本はやっぱり遠い国の話しだし、地震も無い国だから理解が難しいみたい。
今暮らしている西ケニアは高地で海がないから、
「日本も埋め立ててケニアみたいに高地にすれば津波来ないでしょ」
と、よくわからないことを言ってくる。
ただ、今日のロボコンでは同期と会えたので、そんな気持ちを共有できてよかったです。

ロボコンの結果?
想像していたロボコンとのギャップに驚きでした。
近々レポートします。

| 日常 | 02:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロボットコンテスト

朝7時に突然言われました。
「今日ロボットコンテストの準備があるから、9時に学校集合ね」

と言うわけで、明日の本番に備えて最終調整をするためにキシイに行ってきました。
最終調整といっても完成してるわけではなく、トライ&エラー。
そもそも、全てのパーツが揃ったのが先週末なので。。。

もちろん今日中に求められている全ての動作ができるわけがありません。
他の学校を見てみると、、、同じ。。。
設計図はあるのだろうか?
スケジュールはあったのだろうか?
計画性はあったのだろうか?

いろいろ疑問を持ちながら、明日本番に行ってきます。

来年は日本の大学とコラボレーションできたらなと、妄想してます。

送信者 20110317_RobotContest


送信者 20110317_RobotContest

| 活動(2011Term1) | 01:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彼が来た

地震のことを書くと自分自身がへこんでくるので、今日は違うトピック。

彼が来ました。
そう、ICTルームの技術屋さんで、大量のパーツを盗んだ彼。
ひょこっと現れて、さっと校長に連れていかれました。
何を盗んだかを問い詰められ、それが本当かどうか別の先生と確認をしてました。
いくつかは明日持ってくるようで、盗みは認めているようです。

何でこんなに時間がかかるのだろう?
何で警察に通報しないのだろう?

時間がかかる(急がない)のはケニアらしさだとして、警察は信用できないのかな?
実は土曜日に街に出たときに、彼はとことこ歩いてました。

明日は日本で言う教育委員会のような、地域の学校を取り纏めるお偉いさんと会議だそうです。
そこで警察に突き出すか、金で解決するのか決めるとか。

次のステップ(インターネット接続、LAN構築)に進めないので、早くしてほしいです。。

| 活動(2011Term1) | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二本松訓練所

協力隊の約半分が訓練を受ける二本松訓練所は福島県の山奥にあります。
地震の日は、ちょうど22年度4次隊(我々の次)の訓練最終日でした。
寄せ集めの情報ですが、何名かは訓練所に待機し、その後は無事帰宅したそうです。

やっと訓練を終え、いざ出国というときに、このような事態になってすごく複雑な気分だと思います。
我々以上に。

ちなみに、様々な事情で日本に帰国する協力隊もいるようです。
その気持ちも分からなくありません。。。

| 日常 | 01:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケニア一面

家族はもちろんのこと、友人からも連絡が届き安心しています。
連絡いただいた方、ありがとうございました。

ケニアの新聞でも一面トップです。
政治問題以外のことが載ることは珍しいです。
送信者 20110218_MyHome

| 日常 | 01:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震の情報収集

インターネット上のあらゆる手段を通じて、安否確認や地震の情報収集をしています。
直接コメントを書いていただいた方、ありがとうございます。

情報収集
・このブログのコメント
・Facebook
・Twitter
・メール
・mixi
・各局ニュースウェブサイト

被害が拡大しているニュースを見ると不安がどんどん募りますが、
ブログやSNSの友達の書き込みを見ると、無事を確認でき安心します。

インターネット上に流れている、助け合っている日本人の様子、
海外からの応援メッセージを見ると感動します。

| 日常 | 00:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震

インターネットで地震の情報を知りました。
すぐに日本とメールで連絡を取ることができました。

ケニアでも一部の先生から「大丈夫か?」と言われます。
すでにラジオで流れているそうです。

心配です。

| 日常 | 02:02 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コラプション

ケニアの人とちょっとまじめな話をすると、必ず登場する用語があります。

コラプション(corruption、汚職、腐敗)

まず政治の話から始まり、
「ケニアの政治家は汚職だらけで崩壊してる。他の国からの寄付も半分は彼らのポケットに入ってるんだ。来年選挙があるけど、結局は見た目が変わるだけで、中身は変わらないだろうね」

次に警察の話。
「警察はチャイ(賄賂)を取ることばかり考えてる。ろくに犯人を捕まえないのに、整備不良の車を見つけて小額の賄賂を取るんだ。これは日常茶飯事」

そして次々と、、、
「学校のトップの軍団もあやしいもんだよ」
「教会にだってコラプションはある」
「そこのアスカリ(警備員)だってあやしい」

大袈裟に話されているかもしれませんが、聞いてて悲しくなります。

| 活動(2011Term1) | 01:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パソコンパーツ窃盗事件(続編)

パソコンパーツ窃盗事件の続編です。

彼(技術者であり犯人)は来ませんでした。校長を含めた偉い人たちで話し合いが行われたそうですが、PCルームに警察が来ないことから、どうやら届けも出してないようです。すでに過去のことで、笑い話のようになってます。かなりの量のパーツを盗まれているので納得いきませんが、そこまで口出しできません。取り合えず、これからのことを考えようと思います。先生が教えやすい環境、生徒が勉強しやすい環境を整えます。

| 活動(2011Term1) | 00:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本人の発明

これは何でしょう?
送信者 20110218_MyHome


大きな水タンクから、水を使うときに使うコップです。
右の銀のコップが同居人が使っていたもので、左がペットボトルから自分で作ったものです。
大量に水を使うときに、銀のコップだと面倒なので作ってみたところ、同居人から、
「これがジャパニーズインベンションか!」と言われました。

発明、、、工夫ですかね。
ちょっと感心されたので驚きました。
ちなみにペットボトルの底の部分は石鹸置きに使ってます。

こういう出来事をはじめとして、ちょっと工夫すればいいことをそのままにしている場面をよく見ます。

例えば、学校の床の雑巾がけ。
お手伝いさんは、腰をほぼ90度に曲げ、雑巾で一生懸命床を拭いています。
おばあさんなので、正直見ていて苦しいです。
そこら中に木の棒が落ちてるので、なんか工夫して作れないかなと考えてます。

これは仮定ですが、アフリカが発展途上国であり続ける理由のひとつに、
問題意識の違いがあるのかなと思ってしまいます。
生活インフラが多少不便でも気にしない。
でも他国のハイテクノロジーは、なんかすごそうだから興味がある。
といったように。

じゃあ、問題意識が高まればいいのか、と言われるとどうなんでしょう?
まだケニア生活2ヶ月です。
問題意識の違いも表面的なことかもしれません。

早く内面的なことまでのぞきこめるようになりたいです。

| 日常 | 00:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安定させる

これはなんでしょう?
送信者 20110218_MyHome


名前の通り、ハイボルトをガードしてくれます。
スタビライザーとも言い、高い電圧が流れた際に、一時的に止めてくれます。

ケニアでは停電がよくあり、数秒から十数時間で回復します。
回復したときに過電流と言い、電化製品にとって致命的な高電圧が流れます。
特に日本から持ってきた精密機械は壊したくありません。
この先に延長コードをつなぎ、ノートパソコンや携帯の充電をしています。
スタビライザー付延長コードも売っていたので、そちらは冷蔵庫に使用してます。

日本でも業務用の精密機器に使われているようですが日常的ではないですよね。
ケニアに来ることになって、初めて知った電化製品でした。

ケニアはいろんなこと(水、電気、道路、政治、治安)が「安定」してないです。
こういう製品を大量に生産する能力で、発電所の改善はできないものだろうか?

※コメントで質問をいただいてますが、もう少し日常シリーズ続けます。。。

| 日常 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャワーについて

家に水道がなくて、シャワーをどうするかと言うと。
送信者 20110218_MyHome


緑の桶に、水と熱湯(8:2ぐらい)でうすめたお湯をはります。
あとは水色のミニ桶を使って、シャワーと同じように洗うだけ。

最初は不便だなと思いましたが、超短時間で終わるので楽です。
お湯の効率的な使い方もだんだんと身に付いてきます。
水をかなり節約しているので、エコな感じがします。

そこそこ暖かいアフリカならではで、日本の冬とかは無理ですね。。。

| 日常 | 00:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うちには水道はありません。共同水道から水を汲んで、その水を使います。

水を汲むバケツ。4つあります。
ひとつ17リットルで、そこそこ重いです。
送信者 20110218_MyHome


水を溜めるタンク。1個100リットルです。
送信者 20110218_MyHome


隣のお子さんも、水くみのお手伝いをしてます。
送信者 20110218_MyHome

| 日常 | 02:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガスコンロ

料理で使うコンロです。ケニアでは一般的に電気とガスがあります。電気は停電になると料理ができなくなるのでガスコンロにしました。コンロとガスボンベを別々に買い、ガスが無くなったら中身だけ交換します。この大きさで半年ぐらいは使えるようです。

送信者 20110218_MyHome


ただし!本当に一般的なのは、焚き火かもしれないです。
両隣の家は夕方になると火を焚いて、その上で料理をしています。

| 日常 | 00:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電気ポットと冷蔵庫

送信者 20110218_MyHome


我が家の家具です。

電気ポットの用途はたくさん。
・紅茶、コーヒーを飲むとき
・シャワーを浴びるときに水と混ぜてお湯にする
・水道水を飲み水にするときに一度沸かす
・洗濯をするとき(水よりお湯のほうがよくおちる)
中国製品です。
だからというわけではないと信じていますが、一押しでボタンが壊れました。

下は韓国製の冷蔵庫。
・野菜、果物の保管
・パン、ジャムの保存
・水を冷やす
氷も作れますが、常に停電のリスクがあるので諦めてます。

| 日常 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リプレイ


リプレイ (新潮文庫)リプレイ (新潮文庫)
(1990/07)
ケン・グリムウッド

商品詳細を見る


ケニアでも日本語の小説読んでます。JICAオフィス、JACII、ドミトリーに大量にあるため、つい借りてきてしまいます。これは、以前知り合いに薦められていた本です。記憶と知識を残したまま、年代と体が過去に何度も戻ってしまうSF小説です。

もしリプレイしたらどうします?

人生に対する欲が次々と変わっていき、生きる意味を考えさせられる内容でした。

| 日常 | 04:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

活動として取り組みたいことの選定

協力隊として派遣され、ただのマンパワーにはなりたくないと思ってました。例えば非常勤のような、今いる先生の代わりにある教科の指導をして、その先生は休んでるというような状況です。せっかく外国(日本)から来たので、それなりの価値や継続的に残るものを活動としたいなと思ってます。

その活動を探す方法のひとつに、
1.いろんな人に話を聞いて問題を発掘し、
2.それを現地の人に問題だと認識してもらい、
3.一緒に改善していくこと
を考えています。

先日のブログにも書きましたが、早速盗みという事件が起き、管理者がいなくなるという問題が起きました。これからパソコンルームを整備し、より良くしていく段階にあるため大きな痛手です。今は管理者の一人として手伝おうと思っていますが、2年後自分がいなくなるときがさらに問題です。これから配属先の先生と一緒になって、知識と経験を共有しながら、継続的に残る、価値のある活動をしたいと思います。

日本の文化なんかも、何らかのカタチで紹介したいなーと思ってます。

| 活動(2011Term1) | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。