部屋を裸足で歩ける喜び

ビニールカーペットを買い、部屋を裸足で歩けるようになりました!
やっぱり部屋ぐらい靴を脱いで歩きたいもんです。
すごく快適!掃除も楽!
送信者 20110218_MyHome


都会に出たので材料を大量に買い込んで、いつもと違う料理。
送信者 20110218_MyHome


美味しかった!
自慢できるものではありませんが、ミートソースです。
忘れないように自分のために材料メモ。

【大盛り3人前ぐらい】
・玉ねぎ4個
・トマト5個
・肉150g
・味付けキューブ1個

赤道直下の男

ケニアは赤道直下の国!
と言うわけで、行ってきました。

キスムからマタツで約45分、マセノ(MASENO)という場所。
何の前触れもなく、赤道は突然現れます。
遠くの方にぽつんと見える、変な色の物体。
送信者 20110427_Kisumu&equator


これです。
送信者 20110427_Kisumu&equator


ちょっとテンションが上がったので、通りかかった人に撮ってもらいました。
まわりからは「なんだ、アイツ」という視線が痛かったです。
送信者 20110427_Kisumu&equator

最後の予防接種

明日、最後の予防接種を受けるためにキスムに前泊してます。A型肝炎とB型肝炎。2010年8月の黄熱病から始まり十数本。短期間でこれだけの注射を打つことはしばらくないでしょう。よく頑張った!乾杯!(ケニアのギネスはまずい)

National Archives(国立公文書館)

ヒルトンホテルからモイ通りに向かって歩くと、National Archives(国立文書館)があります。ナイロビ市内で数少ない観光地だったので、先日ちょっと寄ってみました。昔の工芸品や家具、写真や切手が展示されています。ナイロビに立ち寄った際には是非。

面白かったのが、「館内は静かに!」と書かれた横でスタッフが、
パイレーツオブカリビアンを爆音で見ていたこと。

送信者 20110421_Nairobi


送信者 20110421_Nairobi


送信者 20110421_Nairobi


送信者 20110421_Nairobi


送信者 20110421_Nairobi


送信者 20110421_Nairobi

大都会ナイロビ

新しいショッピングモール「Westgate」です。
東京にあってもおかしくないぐらい立派な建物でした。
お客さんはインド人が多かったかな。
これだけを見ると、ケニアは途上国ではないと思ってしまいます。
WESTGATE

街中の写真①
送信者 20110421_Nairobi


街中の写真②
イースターホリデーなので人がいっぱい。
送信者 20110421_Nairobi


街中の写真③
カンファレンスセンターと言う、ナイロビ市内を一望できる展望台から。
送信者 20110421_Nairobi

帰宅

ナイロビから帰ってきました。

日本食を食べ、ナショナルアーカイブ(博物館)に立ち寄り、
ナイロビ市内を一望できるタワーに登り、髪を切り(隊員同士で)
本を大量に持って帰ってきました。

詳しいレポートは後ほど。

ところで、すごい迫力の雲。
送信者 20110218_MyHome

上京

家を出て約6時間。用事があって首都ナイロビに来てます。やっぱ都会だなー。日本語の本を何冊か借りて帰ろう!

理想と現実

約1ヶ月前に作った、成績証明書をプリントアウトするための入力作業が始まりました。

【理想】
・学校のパソコンがネットワークでつながっている
・先生がパソコンの入力フォームから成績等を入力する
・レイアウト等を簡単に確認してプリントアウト

【現実】
・先生はパソコンを使っていない
・仕方がないので紙の入力フォームを提出してもらう
・提出が大幅に遅れている
・漏れがある
・字が読めない
・パソコンに再入力

何が問題で、どう解決したら良いか分かりやすいですね。
次タームまでには仕組みを整えて、入力サポートをしたいです。

ケニアの森林率1.7%

ケニアの環境教育隊員のニュースレターを見て驚きました。

日本の森林率は66%で、先進国の中でトップクラス。
ケニアはなんと、1.7%だそうです。

自分が住んでいるケニア西部は緑が豊富なので信じられません。

Kisumu Children's Festival

KESTES(協力隊によるケニアの子供のための奨学金制度)が開催するKisumu Children's Festivalのお手伝いにケニアの第3の都市、Kisumuに行ってきました。これはみんなで揃えたTシャツ。

カレー

カレーを久々に食べた。
美味しかった。
おわり。(小学生以下、、、)

隣の昼ごはん

ちょっとヒマだったので、隣人の庭をのぞいたら昼食をご馳走してくれました。
ねらったわけではないですよ。

さて、なにができるでしょう?

まずトラディショナルな方法で火を焚きます。
送信者 20110414_Neighbor


何やら白い粉を混ぜてますね。
送信者 20110414_Neighbor


暑いので犬は昼寝。
送信者 20110414_Neighbor


今度は野菜をぐつぐつと煮込んでます。
送信者 20110414_Neighbor


はい、できあがり。
もちろんウガリとスクマウィキ!
送信者 20110414_Neighbor


写真には写ってませんが小魚(オメナ)もいただきました。

ケニアの花

日本(関東)は桜が満開の頃でしょうか?
※これは去年、日本にて。
送信者 20100411_sakura2010


ケニアでは紫色の花が咲いています。
ちょっと見づらくてごめんなさい。
送信者 20110226_MIT

水道に鍵

同居人が「クンフーッ!!」と言いながら帰ってきました。
カンフーのことだと思います。

これが共同の水道です。
ターム中は学生がいるので行列ですが、ターム休み中は独占!
送信者 20110218_MyHome


蛇口に鍵がついてます。
ケニアは鍵だらけです。
送信者 20110218_MyHome


水関連で最近気づいたこと。

シャワーは1回10リットルでOK。

Ocampo6

ケニアではちょっとした騒動が起きてます。
そう、あのOcampo6がICCから帰ってきたのです。
(アイドルグループじゃないですよ)

Ocampo6は2007年の選挙で不正を働いたとされている6人。
ICCはオランダにある国際刑事裁判所。

詳しいことは分からないのですが、2007年の大統領選挙ではオディンガ氏が当選確実と言われていました。しかし、開票作業が1日延長され、対抗馬のキバキ氏が勝利しました。票数が操作されたとされています。登録者が7万人の選挙区で、キバキ氏の票数が10万票を超えたとか。

これをきっかけにケニア国内の各地で暴動が発生しました。1000人以上が亡くなり30万人以上が家を失っています。

ナイロビは大規模な集会が行われたそうですが、大きな混乱は無かったそう。
ケニア人も「あんなことはもう繰り返さない」とよく話しています。

次の選挙は2012年の8月とか12月とか。
平和に終わることを祈るのと同時に、ケニアでは政治の力が大きいので、さらなる発展のきっかけになればなと思ってます。

Homabayで魚食べてきました

昨日の記事の続きです。

Homabayでは魚(Samaki)を食べてきました。
ティラピアという種類です。大きいでしょ?
煮込み魚と揚げ魚の2匹を5人でぺろり。
美味しかったー!
やっぱり日本人には魚が必要ですね。
送信者 20110409_Homabay


これは何でしょう?
送信者 20110409_Homabay


チョコレートじゃありません。
ブラウンウガリと言い、とうもろこしの粉とキャッサバとキビを混ぜて作るそうです。
普通のと比べるとモチモチしてて、味があります。
と言っても、「普通の白ウガリ」を食べたことが無い人には分からないですね・・・。

日本食でたとえると、
「白ウガリ」⇒白米
「ブラウン」⇒赤飯?炊き込みご飯?

ウガリに対する感覚も米と似てます。
・基本的に白ウガリの方がおかずと合う
・ブラウンウガリは、いつもじゃないけど、たまに食べたくなる

Homabayに行ってきました

うちからマタツを乗り継いで約1時間、Homabayという街にいってきました。
ビクトリア湖のほとりにあり、漁業を中心に発展してきた、ロンゴより大きな街です。

世界第3位の湖です。
送信者 20110409_Homabay


久々の水辺なので、なぜか落ち着きました。
送信者 20110409_Homabay


ナイルパーチです。
ダーウィンの悪夢という映画で有名になりました。
送信者 20110409_Homabay


マクドナルドのフィレオフィッシュに使われてるとか、、、真相は分かりません。
送信者 20110409_Homabay


湖を眺めながら一息。リラックスできました。
送信者 20110409_Homabay

M-PESA

ケニアの携帯会社「Safaricom」が提供しているモバイルバンキングサービス、「M(mobile)-PESA(Money in Swahili)」。ケニアに来てからよく見かけるけど、あまり気にしていませんでした。ところが先日、同居人が「M-PESAを使って家族に送金するんだ」と言っていたのでちょっと調べてみました。

仕組みは簡単で、

1.M-PESA取次店にお金を預け、
2.受取側にテキストメッセージを送り、
3.指定の取次店で受け取る。

なんだ普通じゃないかと思うかもしれませんが、信用やまとまった額が無く銀行口座を持てなかった人にとっては大きな変化だったようです。その銀行口座を持てない人はたくさんいます。何ができるようになったかと言うと、

・家族が離れていても生活費などを送金できる
・出稼ぎの帰りにM-PESAで給料を預けてしまえば移動中盗まれることがない
・その逆で、都市に出勤する際も預けて、職場近くで受け取れるから安心

BOP(貧困層向け)ビジネスの成功例として注目されているようです。振り込み詐欺のような事件も起きているようですが、情報技術が途上国の人々の生活を変えた一例です。

--

そこまでインパクトの大きい活動をできると思ってませんが、草の根レベルで情報技術によって「経済的・気持ちの豊かさ」を与えられるような活動をしたいなと思ってます。同時に「情報技術は人々を豊かにするのか?」という疑問も持っていたいです。

見られることに慣れてきた

以前にも書きましたが、任地を歩いているとほぼ全員に見られます。
しかもチラ見じゃなくて凝視です。
車の運転手も見てきます。←危ない。

まぁ、そんな日常にも慣れてきました。

そんなある日の夜。
深夜にトイレに行くために外に出ると、、、
ものすごい人数に見られてる、、、こわい、、、と思いきや、

満天の星空でした!
深夜は民家の電気も消えるので、信じられないぐらい小さな星まで見えます。
「キレイ」を超えて、ちょうと「恐怖心」を感じるぐらいです。

ほら。
あ、見えないですね。。。
送信者 20110218_MyHome

借りた物は返しましょう

最初の頃はイラっとしてたけど、最近は楽しめるようになったこと。
全てがそうではありませんが、よく起きます。

【ボールペン事件】
ケニア人「ちょっとボールペン貸して」
オウマ「はいよ」

⇒返ってきません。そのまま胸ポケットへ。

【日本の冊子事件】
日本を紹介する冊子を持っていった日のこと。
ケニア人「じっくり読みたいから、数日貸して」
オウマ「いいよ。貸すだけだよ」

数日後。。。

オウマ「僕の本読み終わった?どうだった?」
ケニア人「君の?あれは僕の本だろ?くれたじゃないか!」
オウマ「(カチン)いや、あげてない。今度持ってきて」

⇒数週間後に返してくれました。

【日本製ボールペン事件(ちょっと楽しみながら)】
ケニア人「ボールペン貸して」
オウマ「いいよ」
ケニア人「おぉ、日本語が書いてある!やはり日本製は品質がいいな」

その後、会議中ずっと興味深く眺めたり、絵を書いたりしていた。
たぶんそのまま胸ポケットだろうなと観察していたらズバリ!

帰る直前に「ボールペン返して」
ケニア人「おぉ!忘れてた。ありがとう」

悪気はないのだと信じてます。
文化が違うだけ。

Integrity(誠実)

教師だけによる学期末ミーティングがありました。
10時に開始すると掲示されていて、始まったのは11時半。
それから15時まで休みなしで続きました。。。

印象的だったのは同居人ムラティ(Deputy)の発言。
彼が司会進行をしており「誠実さ(Integrity)を持って働こう」と繰り返し伝えていました。
なぜかと言うと、誠実さが欠けていることが多すぎるから。

・生徒から先生が来ないと苦情がある
・学校でビジネスをする先生がいる
・仮病で休む先生がいる
・学校から借りた機器を返さない
・時間通りに授業が始まらない

どうやら、この学校ではよく起きていたようです。
先生の中でも特に悪いことだと思っていなかったようです。

そこに現れたのがムラティ。
※自分の配属(2月)と同じ時期にこの学校に転勤してきてます。

「上記のことは絶対に起きてはならない。」
「それぞれ責任感と誠実さを持って教壇に立つこと」
「教師は生徒に未来を与える職業だ」
「これらを防ぐためにいくつかルールをつくる」

するとどうなるでしょう?
反発が起きます。

かなり白熱しましたが、客観的に見てムラティの勝ちでした。
あとは反発した先生達が、次タームにどう行動するか。

夕食のときに少し話したら「あれが従来のケニア人だ」と話していました。

何か変わりそうです。
ある意味、良いタイミングで赴任になったなと思いました。
変わっていく姿、楽しみです。

最後に今日見た虹の写真を2枚。
ケニアも7色で虹を表現するそうです。(どっかの国は少なかったような。。。)
「日本にも虹があるのか??」と言われました。
送信者 20110226_MIT


送信者 20110226_MIT

ケニア料理屋1件@日本

ケニア料理屋情報いただきました!
三重県に1件!少ない!!
http://e-food.jp/blog/archives/2009/06/kenya_house.html

そしてアフリカ料理屋。
ちょっとイメージと違います。
http://r.gnavi.co.jp/e314400/

日本にいるみなさんに食べていただきたいなと思ったのですが。。。

というわけで、レシピを探してみました。

ウガリの作り方。
http://www.kenyarep-jp.com/newsletter/070226_letter.html
ポイントは、とにかくこねること。
こねて、休憩して、こねて、休憩して、こねて、休憩して(焦げそう?)、こねます。
その方がモチモチしておいしい。

スクマウィキの作り方。
http://www.bsfuji.tv/embassy/print/back_p5003.html
家庭によってそれぞれなので、うちとはちょっと違う。
1.スクマ(ケール)を1cm程度にきざむ
2.レッドオニオンをみじん切りにし、油で炒める
3.トマトをみじん切りにし、2に加え炒める
4.1のスクマを入れる(焦げそうだったら水を追加)
5.ロイコで味付けをする(ウガリは味が無いので、濃い目で)

※スクマはキャベツでも代用できるそうです
※ロイコは(たぶん)ビーフコンソメで代用できます
※牛肉を入れてもいいかもしれません(ここでは牛肉を買えない)






もうすぐケニアで3ヶ月

ケニアに来てもうすぐ3ヶ月か。
いろいろ思うことはあるけど、今日はちょっと疲れたので写真でごまかします。

ケニアに到着したときの空港の写真。y
送信者 20110116_Nairobi


やっぱり追記。
日本にケニア料理を食べれるところってあるんですかね?
誰か知ってたら教えてください。

ウガリとスクマウィキ

今日は同じ街に住む先輩隊員とランチをしてきました。街の中心にあるホテルのレストランで「久々に魚を食べるぞ!」と意気込んでいたら、ハクナ(ないよ)サマキ(魚)と言われがっかり。結局いつもと同じ、ウガリとビーフを食べてきました。先輩隊員はエイズ対策として派遣されていて、ちょうと1年が経過したところです。つまり自分より先に帰国してしまいます。気軽に食事に行ける日本人が近くにいないとさみしくなるな。

帰りに買い物をして、食料ストックが潤いました。
同時に気持ちも潤う。
左からジュース、パン、米、ロイコ(調味料)、スクマ(ケール)、トマト、たまねぎ、ジャム。
送信者 20110218_MyHome


それをこうやって料理して。
(同居人がいないので、まさかの自分撮り!)
ちなみにこの種類のウンガ(とうもろこしの粉)モチモチしてておいしいです。
送信者 20110218_MyHome


こうなりました。
ウガリとスクマウィキ(たまねぎ、トマト、ケール)。
送信者 20110218_MyHome

カリブパーティー@キシイ局

今日はヒキコモリでした。
英語の勉強したり、
ギター弾いたり、
映画を見てみたり、
本を読んでみたり、
こうして見てみると日本にいるときと一緒だ。

写真はちょっと前ですが、キシイ局のカリブ・クワヘリパーティー(歓送迎会)。
局は、協力隊を管理するためにケニアをエリア別に分けた単位です。
送信者 20110313_KaribuParty


左から炒飯、餃子、麻婆豆腐、から揚げ。
やっぱり日本人の味付けは美味しかった。

日本紹介クラス準備

次タームに計画していることのひとつ「日本紹介クラス」の準備を始めました。
内容は大まかにしか決まっていませんが、全部で5回にしようと思ってます。

1.自己紹介&日本紹介映像放映(協力隊同期が作成したものです)
2.ケニアと日本を比較してみよう(人口とかいろいろ)
3.日本の文化(学生と同世代の日本人が何をしているかを中心としたもの)
4.日本の問題点(高齢化、地震、原爆、自殺など)
5.日本語を勉強してみよう!

まだほとんどできていませんが、ちょっとずつ進めようと思ってます。
クラスの反応を見て、いろんなトピックを補充していく予定です。

学校の裏門から。
いつもここを通って通勤してます。
送信者 20110226_MIT

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター