悪い癖

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、早口です。
考えてから口に出すタイプですが、その考えたことを早くアウトプットしたくなるようです。

その悪い癖が授業にも出てます。
授業内容を早く伝えたいので、早口になったり、授業の進みが早くなったり。

今日は伝えたいのをこらえて、足踏みして、今までの復習。
自己紹介ホームページを作ってもらいました。
それぞれの理解度をゆっくり確認できたのでよかった。

---

「早口」って「速口」ではないんですね。
同じ疑問を持った人がインターネット上で解決してました。

~早いと言うのは、ある動作を完了するのに要する時間が短いと言う意味です。
だから、早口と言うのは、言葉を言い終わるまでが短いと言うことなので、
早口言葉は、同音が重複して、発音しにくいせりふを短く言うので、早いとなります。
これは、「早飯」「早業」などと同様に、「急いで行う様子」と考えるのがわかりやすいと思います。~

去年の誕生日

もう1月も終わり?
と言うことは、またひとつ歳を重ねる日が近づいてます。

印象的な去年の誕生日。
ケニアに到着し約1ヶ月、任地訪問と言う配属先を初めて尋ねる4日間の日程の2日目でした。
初日は移動で終了。
そして2日目、配属先の人とご対面。
初対面で「実は今日誕生日なんだ」と言えるはずもなく過ぎていく1日。
日本から遠くはなれ、しかも任地で日本人ひとりきり。
さみしくはなかったけど、別世界に来てしまったんだなと実感してました。
(任地訪問の後は同期によるありがたい誕生日パーティーがありました)

今年も任地で過ごす誕生日。
授業は2コマ。
仲のいい同僚と学生にちょっとアピールしてみようかな。

コンピュータのセンス

「私(おれ)パソコン苦手だから」という人が日本でもいると思います。

今タームはそんな学生が多い…。(IT科2年生なのに・・・)

プログラミング言語を教えてるのですが、
・フォルダを作れない
・コピー&ペーストができない
・右手の人差し指だけでタイピングしてる
などなど。

一方で、すぐに習得する人もいます。
それは主にパソコンを所有してる人。

コンピュータのセンスって育つのだろうか?
パソコンと接する時間の問題?
ロジカルな考え方ができるかできないかの問題?

同僚も同じことを言ってたけど、文句を言っても始まらない。
試行錯誤で今タームも乗り切ろう。

菜食主義者じゃないけど

任地にいると肉を食べる機会が極端に減ります!
でもこういう場所ではさすがに買いたくない…。
見えないだろうけど、かなりの数のハエが飛んでます。
送信者 20110611_TripToMbita


でも最近の主食のスクマ(ケール)とアボカドは栄養満点。
普段は質素な食事をして、都会に行ったときに美味しさのギャップを感じるのも醍醐味。

同僚からの相談「卒論のアイディア」

同僚が大学に通っていて、プロジェクト(卒論)にどんなのを書いたらいいかなと相談されました。
取り合えず、素直に面白そうだなと思ったことを言ってみました。

・インターネット(主にSNS)が選挙に与える影響
選挙を目の前にし、候補者はあらゆる手段で選挙活動をしてくると思うので、
インターネットに着目したら面白いのではないかと。

・スマートフォンの普及によって何が変わるか
日本でもそうだけど、ケニアでもスマートフォンが徐々に普及してます。
固定電話が不安定なケニアにとって携帯電話が与えた影響は大きかったし、
携帯のM-Pesaというシステムは貯蓄がない層の人でも口座(のようなもの)を持てるようになりました。
次はスマートフォンに注目したら面白いかも。

・海賊版ソフトウェアの解決策
他の途上国でもそうですが、海賊版(違法)のソフトウェアが蔓延してます。
これに対し、何かできないかなーと。(オープンソースとか)

ひとつ目に興味を持ってたけど、果たしてリサーチをできるのだろうか??

ポスターの効果

IMG_20120119_160535.jpg

ポスターの効果は抜群でした。
先生も学生に対し注意を呼びかけてくれてます。

日本語は面白いかなと思って書いてみました!

変わっていくロンゴ

今日は同じ任地に住む隊員の家におじゃましてきました。
家から町の中心に向かってマタツ(ミニバス)に乗っていると気づいたことが。

道路の穴が無くなってる!

前まではレースゲームのように道路にある数々の穴を回避しながら運転してたのに、
今では左右に揺られることなく、改善された道路を快適に進んでます!

年末に工事をしていたのは知ってましたが、あっという間に終わってました。
なんだ、やればできるじゃないか!

この調子で、家からバス停もコンクリートにしてくれないかな…。
特にこの時期(乾季)、砂埃がすごい。

タイでケニア?

先日Bomas of Kenyaに行ってきたと記事を書きました。
その中のアクロバットショーを見ていて、なんだかデジャブのような感覚をしてました。

そういえば!
IMGP0014.jpg

デジャブじゃなかった!

これは2005年にタイに行ったときの写真。
到着初日になぜか動物園に行き、そこで開催されてたショーです。
看板に「ハロー、アフリカ。ケニア・アクロバティック・ボーイズ・ショー」と書いてあります。
マサイとも書いてあるけど、本当にマサイ族なのだろうか。

もう一度行ってみたい。

任国外旅行(ザンビア・マラウイ)の想ひ出

ブログにも書いてますが、12月にザンビアとマラウイに行ってきました。
何が一番の思い出かと言うと、ホームクラス(※)で集合できたこと。
※任国派遣前に訓練所で英語の勉強をしたクラス
毎日のように再会の喜びがあり、ワクワクの日々でした。

まずはケニア隊(自分)が空路でケニアからマラウイへ。
マラウイの首都でマラウイ隊員と会い市内散策。
マラウイの第2の都市でジンバブエ隊員と会いケープマクレア(観光地)へ。
その後、3人はバスでザンビアに向かう。
その頃、ウガンダ隊員が空路でザンビアに到着しザンビア隊員と合流。
そしてついに、ザンビアのバス停留所で全員が再会!

書いてて思ったけど、アフリカの地理と国名を知らないと全く分からないですね。

とにかく日本からバラバラの国に派遣され、アフリカの大地で再会は嬉しかったです。
(実はもうひとりフィリピン隊員がいるのですが、規則上アフリカに来れないのです)

すごく楽しかったと同時に達成感を感じたので、思い出深い旅行になりました。
その旅行は協力隊生活の折り返し地点でもある派遣後1年後のこと。
あと1年頑張ろうという気持ちにもさせてくれた旅でした。

ビクトリアフォールズにて。(すぐ先が滝つぼ!)
DSC01773.jpg

学生から手紙!?

学生のPCのトラブル対応をしていると、コンピュータ科の女の子が急に近づいてきました。
「こ、この手紙読んでください。」

事務的な手紙かなと思い、「誰から?」と聞くと、
「とにかく読んで!後で返事聞きに来るから。」
と言って去っていきました。

これは、、、結婚の申し込み?(協力隊はよくある)

トラブル対応をしているときも手紙の中身が気になりっぱなし。
いざ手紙を開けてみると、、、

「学校の教会に寄付をお願いします」

あ、、、また寄付の話か。
学校の教会は寄付で成り立っているらしく、そのための資金集めのようです。
相場が分からないので、同僚に相談して高くなければ寄付しようかなと。

---

今日は授業2コマ、学生PCのトラブル対応、脱汚職ワークショップの手伝い。
ちょいと疲れた。

パソコン故障撲滅大作戦

エイズ対策隊員がマタツステージ大作戦を行ってる一方で、
学校でもパソコン故障撲滅大作戦を始めます。

まずはポスター作成から。

コンピュータ室を出る前に、
1.コンピュータの電源を切りましょう!
2.UPSの電源を切りましょう!
3.コンピュータにカバーをしましょう!

当初はポスターで訴えるのはいやでしたが、何回言ってもなおらない。
上記のポスターをコンピュータ室の出口に貼ってしまいます。

あと1年、何枚のポスターができあがるか楽しみ。

---

ケニアでケニア人による日本語スピーチコンテストが開催されます。
隊員もその企画メンバーのひとり。
学校の一番目立つ場所に貼りました。
IMG_20120118_090114.jpg

授業初日

Term1の授業初日。

未だに授業前は緊張してます。
・英語を使うこと
・うまく伝わるかどうかの不安
・楽しいクラスになるかどうかの不安

初めて受け持つクラスだったのでまずは自己紹介から。
大抵盛り上がる方法でつかみはOK。
・世界地図を見せて「日本はどこでしょう?」⇒誰も知らない
・スワヒリ語、ルオ語を使う
・日本の写真を見せる

最初の授業は定義の説明が中心なので退屈だったかも。
授業をしながら良いアイディアも思いついたので、次から実践してみます。

教材の作り方の変化

今日は学校で教材作りをしてました。
1年間教えてきて気づいた点があったので修正を加えてます。

「学生のノートを意識した教材(パワーポイント)作り」

学生のほとんどは教科書を持っていません。
なので、黒板や先生の発言をノートに書き取り教科書代わりにしてます。

去年までは「伝えること」を意識して教材を作成してましたが、
それは「教科書にする」という点で見ると漏れがありました。
今回は書き取った内容を振り返れば理解できるような教材を目指してます。

教材を配布すればいいのでは?と思いましたがやめました。
「書き写すこと」も大事だと思ったからです。

明日から授業なので頑張ります。

---

>まある@姫屋さん
もう1年も過ぎてしまいました。
ケニアでもそうですが、日本でもいろいろありましたね。
あと1年、充実させます!

>Skytreeさん
あけましておめでとう!
ケニアおいでー、いい国だよ。

Bomas of Kenya

日本人サックス奏者である渡辺貞夫がケニアに来ています。
そして、ケニアの民俗音楽が聴けるBomas of Kenyaで演奏するということなので行ってきました。

まずは各民族の伝統音楽。
太鼓や金属の輪の楽器、アニャンゴで有名なニャティティ、アクロバットやファイアーダンスまで。
違う民族なのに同じ人が演奏してる場面もありましたが、見ごたえのある内容。
渡部貞夫の来ケに合わせ、ケニア音楽を日本語で挑戦していて面白かった。

最後に渡部貞夫さんのソロ演奏。
金色に輝くサックスで透き通るような音色。
78歳とは思えない音の響きはさすがです。

短い時間の演奏でしたが満足。
入場料は100Ksh(100円)。
日本だったらいくらぐらいするのだろう?

渡部貞夫の写真はNGでした。
20120114_Bomas_of_Kenya

交通安全委員会

隊員で成り立つ交通安全委員会に所属しています。
その委員会に参加するためにナイロビに来てます。

今回の作業は、
・ナイロビマップのアップデート
・新隊員へのブリーフィング

JICAの車を使ってのナイロビ市内散策は面白かった。
行ったことのない場所や知らなかったバスルート。
まだまだ発見がたくさんです。

年度始めミーティング2012

今日は年度始めのミーティングでした。
10時に始まると聞いていたので、今回こそは時間通りに!!
と期待して会議室に行ったら、10時からお茶の時間。
チャイと食パンを食べ11時からスタートでした。

会議は主に前年度末の国家試験について。
合格率の低い学部は説明を求められていました。
コンピュータ科は1年生から順に合格率が100%、52%、100%。
2年生は勉強内容が多いので大変そうですが、ちょっと低かったかな。

4時間の長すぎる会議を終え、夕方3時からランチタイム。
ソーダ(コーラやファンタ)とウガリ&スクマウィキ&牛肉。

今日の会議で気づいたのが、各自の発言に必ず笑いを含めていること。
和やかになるのは良い点だけど、脱線してしまうのが悪い点。
深刻な話もさらっと流れてしまう。
長丁場だったのに終始楽しそうなのが印象的でした。

まずは挨拶から

今日は仕事始め。
まずはコンピュータ科の先生と知り合いへの挨拶から始まりました。
今週は登録期間なので授業はなし。

【パソコンセットアップ】
今タームの授業に備え、パソコンのセットアップから。
生徒にとって使いやすく、先生にとって管理のし易いように調整。(時間かかった)
明日は生徒を巻き込んでウイルスソフトの更新をする予定です。

【同僚が結婚?】
同僚が「おれ、結婚することになった」と話しかけてきました。
どうやら御祝儀が欲しいようです。
結婚式当日に渡す日本とは違い、ケニアでは結婚式の準備資金として渡すようです。
仲の良い同僚だし、おめでたいことなので渡そうと思います。
結婚式をモンバサ(コースト地方)で挙げるそうなので出席したい!

【担当科目】
今期も何コマか授業を受け持ちます。
去年はいくつか問題を感じる部分があったので、今回はアプローチを変えてみます。

【気候】
暑い!ケニアは夏です。
でも、じっとりとした日本の夏と違いカラッとしてます。

ロンゴに戻ってきました

任国外旅行、家族旅行、年越しを終えロンゴに帰ってきました。
休みボケが残ってますが、まずは水汲みという現実を目の前にして気持ちが切り替わりました。

最後の1年は、細かい目標を立てずに頑張ります。
ケニアに来る前、あれをしたい、これをしたいと考えてましたが、
実際に来てみると実現が難しいことが多かったから。

問題・課題はその中に深く入ってみないと分からない。
そこから自分のできることを探してみます。

もちろん、大まかな目標はありますよ。
では協力隊2012のはじまり、はじまり。

送信者 20120106_Sunrise

ケニア生活1年経過

ケニアで生活を始めて1年間が過ぎました。
冬休み(ケニアは夏)が終わるので、そろそろ任地に帰ります。
任地で1年間を振り返り、最後の1年間をじっくり考えて行動したいなと思ってます。

9日ぐらいからしっかりブログ書き始めます。

明けました

2011最後の日はマリンディで。
ヘルズキッチンに沈む夕日を見て終えました。
2012年はどんな年になるのでしょう?
今年もどうぞよろしくお願いします。

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター