スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月よりクリスマスが大事

イギリスの正月はあっさりしているように見えます。
年越しの瞬間は大騒ぎするけど、1月2日からすでに仕事を開始しているようです。
大学事務、スポーツジム、店は通常営業に戻ってます。

ちなみに、この時期の定番の会話が「年越しの過ごし方」。

いろいろな国の年越し事情を聞くことができます。
ちなみに「日本」を聞かれたときはこんな風に答えます。

・家族でそばを食べながらのんびり過ごす
・年越しにあわせて深夜に初詣に行く人もいる

(さらに興味がありそうだったら)
・正月の朝はほとんどの家庭で餅を食べる
・おせちという豪華な食事を食べる

これが西洋人とアジア人で説明の仕方が変わるから難しい。
アジア人は共感できる部分が多いけど、西洋人に説明するのは不可能・・・。
(自分の勉強不足です)

そんなこんなで、エジンバラから帰ってきて早速テスト勉強と課題に取り組んでます。
お雑煮食べたい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。