対照的な教授たち「行きたくなる講義」

「組織改革」の授業は前半と後半で担当教授が変わります。
そのコントラストが面白かった。

【前半の教授】
・遅刻した学生は教室に入れない
・少しでも喋るとすぐに指摘する
・パワーポイントに箇条書きで書かれたポイントを順番に丁寧に説明
・淡々としている

【後半の教授】
・音楽を聴くことから始める
・遅れてきた人に微笑ましいジョークを投げつけてみる
・学生をいじる
・音楽が、実は講義のテーマと結びついていた

「行きたくなる講義」について考えさせられました。
ちなみに後半の教授は、所属しているコースのディレクターです。

写真はマネジメントスクールのメインホール。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター