ケニア時代の同僚からの嬉しいニュース

ケニア時代の同僚から2人目の子どもが産まれたとメールがありました。
写真も添付してくれて、微笑ましい家族写真に癒されました。

ケニアでの2年間、今後も連絡を取り合うだろうケニアの友人は2人だけでしょう。
”だけ”と書きましたが、これが少ないか多いかは分かりません。

2年間も生活したけど、ケニアに本当に溶け込んでいたとは思っていません。
彼らからの自分は”外人”でしたし、こちらからも様々な”違い”を感じて生活してました。
その”違い”は少なからず関係を構築する上で壁となっていたのかもしれません。

そんな中で、同じ部署で一緒に働いた2人の同僚。
”同じ部署だったから”だけではないと思います。
お互いが、意識的にか無意識にか”違い”を取り除いていたのだと思います。

その彼のメールは「すごく久しぶり!」と始まり、約1ヶ月に1回届きます。
家族のニュースを届けてくれる友人との関係を大事にしたいと思いました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
<仕事>
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018- 国連事務局(JPO)
国連事務局のOffice of Information and Communication Technology(OICT)に勤務しています。

<趣味>
・ブラジル音楽
・整理整頓

検索フォーム

カウンター

Instagram