鉛筆発祥の地

鉛筆の発祥の地がイギリスだって知りませんでした。
鉛筆=TOMBOだと思っていたので。

イギリス北部のBorrowdale(ボローデール鉱山)でGraphite(黒鉛)が1500年代に発見されました。
当時は羊のマーキングに使っていたとか。
今でも黒く塗られた羊がいるので、その名残なのかもしれません。

訪れたところは、Keswickという湖水地方のエリアのひとつ。
小さな、小さな鉛筆ミュージアムがあります。
※訪れた目的は鉛筆ではなくジャズフェスティバルです。。
送信者 20130914_LakeDistrict


---

【Kindleセール情報】
本日(5/13)のみKindleで99円です。

コメント

非公開コメント