スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスとアカデミック

大学院に入学する前からビジネスとアカデミックの関連について疑問を持ってました。
数学とか語学は分かるけど、ビジネスと教育ってどう関連するんだろうと。

そんな疑問の一部と解決してくれた本。


英語のタイトルは「Managers not MBAs」。
日本語のタイトルはちょっと強すぎるかなと思います。
でも、ミンツバーグはマネジメントを学ぶ意味について強く批判的に書き綴ってます。

マネジメントは科目である以上に、アートであり創造でもある。
経験に強く依存し、そこから考察や感覚が作られる。
経験のない学生への指導は、人に会った事がない人に心理学を教えるようなもの。

マネジメントスクールはビジネスの要素を細かく分解した。
それを学生は設計図なしに組み立てようとするから無理。
そこには経験や状況(Context)がないから。

そこでミンツバーグは新たなマネジメントコースを作り上げた。

つづく。


コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。