2018年1月の振り返り

【仕事】
次の仕事に向けた研修に参加。これまで一人で準備をしてきたので孤独感や不安があったけど、他のみんなも同じような気持ちで選考に挑み、研修を受けに来ていたので安心しました。いろんな経歴、動機、性格の人とたくさん会えて刺激的な研修。性格で印象付けれらるような人物になりたいと思った数日間でした。

【運動 Part1】
体が柔らかくなったら何か変わるかなとストレッチを初めてみました。数日間経過し、帰宅後の足を見てみると、靴下のゴムのあとが無い!どうやらむくみがなくなったようです。とは言え、まだまだ体が硬いので、手のひらが床に付くぐらいまで柔らかくなりたい。

【運動 Part2】
2つのスポーツジムに無料体験に行き、似たようなマシンで脂肪や筋肉を測定したところ、全く逆の結果が。1つ目は「全身の筋肉が足に偏っているので、上半身を鍛えることをおすすめします」と言われ、2つ目は「上半身に筋肉が偏ってるので足を鍛えてバランスを取りましょう」と言われました。自分の体は自分を信じることにしよう。というわけで、近い方のジムに通うことにしました。

【読書メモ】
・パリの国連で夢を食う
「国連」という大きな組織のある機関のある部分だけを切り取り、おもしろおかしく綴った痛快エッセイ。多様性の富んだ世界で働くことの面白さや大変さが書かれている一方で、その中で本当にやりたいことを見つけていく著者の心の動きは考えさせられました。

・イノベーションのジレンマ
ユーザーやクライアントに親身に寄り添うことによって向かうべき方向を間違い、新規参入企業によって業界図をひっくり返されるからくりが研究を土台に書かれてます。どんな業種であれ顧客志向であることは大事だと思いますが、本当に必要とされているものは顧客も分からない。さらに視野を広く、鋭く持ちたいなと思わされました。

・日本人の英語(オーディオブック)
aとtheの使い分けの説明は目から鱗でした。一般的な文法書に書かれている説明とは全然違い、英語ネイティブの思考プロセスに踏み込んだ説明だったので、なるほど!と思いました。それでも、日本人の自分にとってその思考プロセスに切り替えるのは難しいので、ノンネイティブが英語を勉強する上では文法ありきかなと思いますが、言葉は思考だと思いながら言葉を学ぶと面白いかもと再確認。

・経済は地理から学べ!(オーディオブック)
経済状況を地理学の観点で紐解いてみよう、という本。なるほど!から、その解釈はちょっと・・・もありましたが、いろんな角度で物事を捉える面白さを与えくれる本です。ちなみに、オーディオブックは移動中の読書(?)にお勧めですが、読んだ気になっているだけな気がしてきました。 

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
<仕事>
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018- 国連事務局(JPO)
国連事務局のOffice of Information and Communication Technology(OICT)に勤務しています。

<趣味>
・ブラジル音楽
・整理整頓

検索フォーム

カウンター

Instagram