異文化料理の楽しみ

インターネット情報によると、ニューヨークには170ヶ国以上の人が住んでいて、800言語以上が話されているそうです。そんな異文化社会の中で、意識的に異国料理を食べようと心がけるようにしてます。口に合わなくてもOK、美味しかったらラッキー。食事で世界旅行です。

今日はインターナショナルフードフェスで発見したボリビアのSalteñasと言う、パンのような、大きい餃子のような、肉まんのようなものを食べてみました。そして、当たりでした。美味しさを上手に説明できるほど食通でないのですが、まわりの生地はほくほくしていて薄味で、中にはスパイスの効いたチキンスープが入っています。なんとなく日本のカレーの味に近く、新しいタイプのカレーパンを食べているような感覚でした。これでボリビアは好印象!実店舗も探して行ってみます。

IMG_0121.jpg IMG_0123.jpg 
そういえば、日本で働いていた時も、美味しいレストランがたくさんあるエリアだったので、いろいろ探していたことを思い出しました。。。場所が変わってもやることは同じ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
<仕事>
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018- 国連事務局(JPO)
国連事務局のOffice of Information and Communication Technology(OICT)に勤務しています。

<趣味>
・ブラジル音楽
・整理整頓

検索フォーム

カウンター

Instagram