ゴジラも定年になる

gozira
定年ゴジラ/重松清

義務教育、大学、就職、家族、夢…。
休む間もなく動き続けて迎えた定年。

どんな気持ちなんでしょうね。

ある日、東京駅で見た光景を思い出しました。

まだ息が白い冬のこと。
週末の終電間際。
とても大きな花束を持ったサラリーマンが歩いていました。
髪の毛は白髪。
きっと定年でしょう。
一生懸命働いてきた会社の最後の日を、きっと部下や同僚に温かく送ってもらったのかもしれません。
仕事に追われていた毎日を終え、次の日からの時間は全て自分のもの。
人生で一番難しい切り替えが必要な気がします。

何を言いたいのかわかりませんが、「定年ゴジラ」はいい本でした。
電車の中で、一人で微笑んだり、泣きそうになったりしてました…。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター