警備員と番犬

寮は警備員(スワヒリ語でアスカリ)と番犬に守られてます。上の写真が警備員の待機場所で、下の写真が番犬チビ。





ナイロビ市内のホテルやある程度裕福な家庭には必ずガードマンがいます。やっぱり治安が悪いんだなと感じてしまいます。

コメント

危険

危険、危険というけれど、正直なところ日本にいると何がどう危険なのかは分からないんです。

本当に危険な目に合わないためにも、何が危険なのかを知る必要があるなあ、と痛感します。

でも、気をつけてね、本当に。

こんばんは。まさかこんなに早くネットに接続できてるとは思いませんでした…てか、私の考えが古すぎですね。
ナイロビやっぱりというのは良くないのでしょうが、怖いところなんですね。ご飯が美味しいのは意外です!
まだ落ち着けないようですが、体調を崩さないように頑張ってください!今後も近況報告お願いします。

犬はなんとなくキリっとしてるね。自分は番犬って分かっているのかしら・・。猿もかわいい!けどあいつら噛むから気を付けて。(動物園で噛まれたのをいまだに根に持っている人)

街の様子や乗り物のこと、写真があってとても面白い!
マタツは、社内の写真見ると???。。もしかして飛行機のエコノミーより狭い?!

大変危険な公園の名前がウルフパークというのもウケました。正式名称なのでしょうか・・。
それにしてもネットって本当に便利だね。
ケニアにいるセバスの様子がリアルタイムで分かるのだから。
非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター