スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニアで読む日本の書籍

停電がたまにあるので、そんなときにろうそくで本を読んでます。
今日も読み終えたので、備忘録として。

【東京物語/奥田英朗】
ケニアに来て最初に読んだ小説。
別にねらったわけではありません。
心温まる話が多くて面白かった。

【リプレイ/ケン・グリムウッド】
前から薦められていた本をJACIIで発見。

【マイ・ドリーム/バラク・オバマ】
オバマ大統領の父はケニア人ということもあり読んでみました。
彼が行っていたコミュニティ活動については、協力隊としても参考になりました。

【ダヴィンチ・コード/ダン・ブラウン】
ドミトリーで発見し借りてきました。
なじみの薄い宗教や芸術品のことを中心に書かれていて理解しづらい場面もありましたが、
スリリングな展開でテンポ良く読めました。
シリーズ物だと言うことを読みながら知ったので、前作である天使と悪魔も次に読んでみます。

海外にいるとより一層日本語活字が恋しくなります。

コメント

青空文庫とか

どうですか? 私もたまに昔の名作などを読み返すのに使ってます!
非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。