PC実習は停電に勝てない

「よし、あと5分で授業だ。プロジェクターを設置してと。」

「ピー!」(UPSが停電になったことを知らせる音)

まずい。。。
今回も実習の予定だったし、資料もパソコンの中のデータしかない。。。
慌てても仕方がないので、黒板のある教室に移動しました。

移動中も、どうやって進めよう、、、と考えっぱなし。

取り合えず、取り合えず自分の名前を漢字で書いて興味を引いて、
同僚の紙教材を借りて、なんとかネタを絞り出してると、

同僚が「今日はIT科のミーティングだよ」

「あ、そうだったの?」

というわけで、今日の授業は中止になりました。

ちょっと安心。

---

ミーティングは生徒と先生の意見を交換する目的。
お互い普段は言えない想いがあったようで、有効な場だなと思いました。

~生徒から~
・IT科だけ1000Ksh多く授業料払ってるのに、PCが壊れたままなのは納得いかない
・SQLの勉強したいけど、その環境がない
・授業外で質問をしても「自分で考えてみなさい」と言われる
・ある先生が来ない
・この時代、インターネットが使えないのはどうか
・図書館に教材が少ない

~先生から~
・プログラミングはノートを書くだけでは身に付かない、考えなさい
・質問をもっと明確にしてから来るように
・パソコンは追加購入を依頼している
・インターネットは話が進んでいる

いくつか手伝えそうなこともあったので、できることをしようと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター