スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちは分かるけど、、、断る

よくIT科以外の生徒が「パソコンを個人的に教えてほしい」とやって来ます。
彼らはパソコンの授業はあっても、理論だけで実際にパソコンを触る機会が少ないです。

その希望に応えたいんだけど、、、やはり難しいです。
その理由は、

まず、IT科が提供する放課後の有料クラスがあること。
一人に無料で教えてしまうと、不公平な気がしてしまいます。

そして、一人の希望に応えると、次々とやってきそうなこと。

この2つの理由を伝えるのですが「他の人には秘密にするから!」と。
それはそれで不公平な気が。


最終的には、その学生の学部長に交渉してみるように伝えます。
こちらからその働きかけをしてもいいかなと思ってます。

ただ、パソコンの台数が圧倒的に少ないのも問題。
パソコンルームはIT科の授業で埋まってるので。

ん~、難しい。

---

つい先日読み終えました。
歴史上のできごとと、国を越えたやりとりが壮大で面白かった。
いつかドイツに訪れたいなと思いました。

黄昏のベルリン (文春文庫)黄昏のベルリン (文春文庫)
(2007/10)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。