企業の社会的責任って?

CSR入門―「企業の社会的責任」とは何か CSR入門―「企業の社会的責任」とは何か
岡本 享二 (2004/12)
日本経済新聞社

この商品の詳細を見る


CSR(Corporate Social Responsibility)ってなんだ?
日本語で言うと「企業の社会的責任」。
企業の社会に対する責任…?

「会社は誰のためのものか?」という問いにはこう答えると思います。
⇒「株主のもの」
では、株主を満足させるためにはどうするかというと、
⇒「利益を上げて配当金を得る」。
さらに、利益を上げるために企業のとる行動とは。
⇒「原価を抑え、生産性を上げ、価格競争に勝つ」。

この「株主のための企業」はさまざまな傷跡を残しました。
・環境汚染
・児童労働
・強制労働
・貧困
企業が人や環境、社会に与える影響は大きいです。

そこで生まれたのがCSR。
企業は社会に対する責任を果たさなければいけません。
・地球のすばらしい環境を持続的に保つための活動
・生産者への適正な報酬、労働基準

それとこの本の注目すべき点はこれ。
「CSRのCはCorporate(企業)だけじゃない。
Ctizen(市民)でもあり、Consumer(消費者)である。」

株主や消費者も企業を見抜く目をもたないといけないわけです。

なるほど。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター