ケニアの人口はどうだろう

世界人口が70億人に到達したそうですね。
小中学校で勉強したときが60億人前半だったので、印象がかなり違います。

そこでケニアの人口も調べてみました。

<ケニア>
1980年:17,000,000
2010年:40,000,000(人口密度:55人/km²)
2050年:55,000,000-60,000,000(予測)
※面積:582,650km²

<日本>
1980年:120,000,000
2010年:128,000,000(人口密度:340人/km²)
2050年:95,000,000(予測)
※面積:377,914km²

<世界>
1980年:4,400,000,000
2010年:6,900,000,000(人口密度:55人/km²)
2050年:9,150,000,000(予測)

「人口が増えること」は限られた人生経験から「良くないこと」だと思ってます。
エネルギー等の環境問題は背景知識がないのでよく分かりませんが、
世界の仕事はコンピュータ化によって確実に減っていくでしょう。
世の中のルーチンワークがコンピュータ化され、労働はサービスにシフトするでしょうが、
すべてがそうなるとは思えません。
失業率が上がり格差は広がるばかり…。

ケニアでは効率をあまり考えない力仕事がまだたくさんあります。
だからこそ働けている人が多い。
コンピュータは世界を救うのか?(話題が変わった…)

コメント

コンピュータ

は道具ですから、世界を救うのか、破壊を導くのかは、よく分かりません。
使い方と言ってしまえばそれまでですが、人類は有史以来、道具というものをつかいこなせているのでしょうかね。
非公開コメント