選挙への関心

学生代表を決める選挙を無事終えたようです。
投票中は穏やかだったものの、当選者が決まったあとは大騒ぎ。
当選者と支持者が輪になって学校の敷地内を走り回ってました。
あの独特の歓声(叫び声?)とともに。

日本にいた頃はどうだったかなーと思い返してみると。
正直、無関心でした。

ケニア人がなんでこんなに選挙に関心を持ってるのだろう?
「イベント」として盛り上がっている一面もあるだろうけど、
何か「変化」を期待してるのかなと思います。

じゃあ、日本の投票率がケニアに比べて低いのは?
「変化」が期待できないから?

先進国と比べて貧しいケニアは政治に大きな期待を抱いてます。
それを裏切る政治家たち。
このトップダウンの構造は変わらないといけないと思うけど。
2012年の選挙に期待!

コメント

非公開コメント