アフリカ市場は本当にビジネスチャンス?

「アフリカ市場はビジネスチャンス」といった類の本が日本の書店に並んでいたのを覚えています。
アフリカは未開拓と書かれたり、最後の残された市場であると書かれたり。

ケニアではそんなことないかもしれません。

先日、ケニアで40年間ビジネスをしている方をお話しする機会がありました。
その方は「ケニアでビジネスを始めることを絶対に薦めない」と強く言っていました。

・ワーキングビザを取る手続きがものすごく大変(3~5年?)
・基本的に外国人を雇用しないスタンス
・賄賂だらけで何をするにも金がかかる
・偽者の公式書類を平気で作る
・儲かってくると政府が嫌がらせに来る(税金徴収やその会社自体を奪い取りたい)
・嫌がらせ対策に高給取りの元要人等を雇う必要がある
・上記等々の事情で本業以外は全て失敗している
などなど。。。

日本で本だけを読んでいたら、本当にビジネスチャンスがあるのだと信じていたでしょう。
ケニアに住んでみると、その方が言っていることが十分理解できます。

想像するだけでもストレスが・・・。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター