10%ルール

ケニア生活でのストレスを軽減するための案を考え出しました。

「10%ルール」

ケニア日常のいろいろな場面で高く請求される金額を10%増までなら許してしまうルール。

例えば、こんな場面でたまに現地人より高く請求されます。
・売店で水を買うとき
・マタツ(公共交通機関)に乗るとき
・露店で野菜等を買うとき
・タクシーに乗るとき

同じ区間や品物でも、アジア人・白人だと分かると高く請求してくることがあります。
長く暮らしてると相場が分かるので、その瞬間イラッとすることがあるんです。
(特に疲れてるとき)

厳密に10%と設定してるわけじゃないですよ。
途上国に住む先進国の人ととして手数料のような感覚で。

もちろん言うときは言いますけど。

コメント

非公開コメント