スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルワンダの興味深い話

ルワンダ隊がケニアに来た際にルワンダのことをいろいろ聞いてみました。

ルワンダと言えば94年の大虐殺。
その後のルワンダはどうなったのか気になってました。

特に興味深かったのが大統領の独裁政権。
しかもポジティブな独裁です。

ルワンダ隊に聞いたことと、ネットで調べたことをまとめてみると。
・月に1度、全国ゴミ拾いの日があり、街にはゴミがない
・路上販売禁止
・閣僚、次官級を除き公用車を原則廃止
・汚職禁止(「世界ガバナンス指標」の汚職対策分野で中・東部アフリカでトップの評価)

もちろんこれらに対し批判もあるでしょう。
ただ、民主化に向けた一時的な独裁による国作りは、もしかしたら必要なステップなのかなと思いました。

汚職だらけで物事が進まないケニアから見ると、ルワンダが輝いて見えるようになりました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

ジェフ

Author:ジェフ
2006- 外資系IT企業
2011- 青年海外協力隊@ケニア
2013- 国連インターン
2013- イギリス大学院留学
2014- コンサルファーム
2018-

TOEFL 96(2017)
IELTS 7.0(2013)
SAPコンサルタント2005(HCM)
Workdayコンサルタント

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。