とんび 重松清

とんび (角川文庫)




すごくいい話でした。
特に印象的な一言はこれです。

「わしの人生、結局のところ美佐子とアキラだけじゃったんかもしれん、思うて」

一番身近な人のために生きる大切さを感じました。

コメント

非公開コメント